地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

マメスナの世界へようこそ!

様々な色彩がありコレクションとしても人気
マメスナギンチャク

今や様々な産地、カラーパターンがありどのくらいの種類があるかは不明(笑
その中でも、キクメマメスナギンチャク・フジマメスナギンチャク・フドウマメスナギンチャク・クロシオマメスナギンチャクを当店では取り扱っておりますので、これ重視にお話しを進めていきます。

《マメスナギンチャクの飼育方法》
生息地は岩礁であったり、斜面、磯場で見かけます。潮通りがとても良く、時間によっては空中にむき出しになるような超浅場に生息しています。なので結構丈夫だったり・・・岩礁でもくねっと曲がった影になる部分に結構いるもんです!
種類ごとに超浅場や日蔭の水中だったりしていますので、この点をポイントに考えてみてはいかがでしょぅか。
<飼育概要>
●水質:清潔よりかは、栄養塩があったほうが状態が良いです。生息地にもよりますが、すごいところ(栄養たっぷり)にもいたりしています。
●光:クロシオマメスナは超浅場生息の為、光は大好きですが、キクメ、ブドウ、フジあたりはちょっと控えめが好み。メタハラ150w程度の光で十分ー!またはLED多灯でもOK!蛍光灯は60cm標準水槽では40w程度で十分!青系のライトがオススメ。これは蛍光タイプのマメスナは青ライトに反応しますので、鑑賞面ではブルーLED併用をオススメします。メタハラでの色彩とLEDでの色彩はまったくといっていいくらいの別物に見えますので、青LED鑑賞が良いと思います!
●システム:通常濾過で十分です。スキマーとかは不要。上部フィルターだったり、外部フィルター、外掛けフィルター程度でOK!水替えで育てるようなかんじでよいとおもいます。
●水流:どんよりした水流だとポリプが間延びしちゃいます。やや強めがお気に入り。水通りをよくするのがマメスナ飼育ではコツだったりします。群生個体であればあるだけ水通りは良くしてね!
●相性:これはねー!マメスナはミドリイシを覆って溶かして養分を得たりしています(苦笑)ですのでミドリイシ水槽ではちょっと不向きかも。飛び火(ポリプが水流に乗って飛んでいく)が怖いですよね。コードにいつの間にくっ付いてたりと・・・ミドリイシに飛び火したらもうアウトーなんで注意してくださいね!LPSとの相性は大丈夫です^^

では、さっそくタイプごとにご紹介します!


img_20160614-213631.jpg
◎キクメマメスナギンチャク φ6mm〜7mm
TypeName:DarkBlue
蛍光カラーとして多彩なカラーパターンが圧倒的に多いのがこのキクメマメスナギンチャクです。他マメスナより触手が長く、ポリプが大きいのがポイント!触手に蛍光グリーンが入るものが多いように思います。
閉じているときに共肉からポリプがブツブツ立っている姿も区別の一つです。
1.5m〜深いところでは5m程度のマメスナ生息ではやや浅深場に生息しています。
img_20160614-214547.jpg
TypeName:SmokeRed

img_20160614-215036.jpg
TypeName:RedRing
img_20160614-215103.jpg
TypeName:YellowBerry

その他様々なカラータイプを取り扱っております。やはりキクメは大粒で蛍光強!



img_20160614-214519.jpg
◎フジマメスナギンチャク φ6mm〜7mm
TypeName:OrangePeach
フジマメスナギンチャクはキクメマメスナに似ていますが、触手がキクメさんより短いんです!そしてカラーパターンがこれが流通一般的。ネーミングにオレンジをつけているのは、LEDタイプでオレンジに見えるからです。単純!
体色はチェリーよりかはピーチです。PeachだけではつまらないのでOrangeをチョイスしました!!触手はグレー色。
生息はキクメさんよりやや浅場の水流が穏やかなところにいます。たくさんの個体で群生しています。

img_20160614-215836.jpg
◎ブドウマメスナギンチャク Ф11mm〜12mm
TypeName:MetallicGreen(ShineGreenとも表記あり)
おいしそうなマメスナ。ポリプが大きく単色カラーがほとんど!でも存在感はピカイチ!水槽メインにでもサブにも抜擢。
グリーンボタンポリプとして流通しているのがほとんどがこれです!実はブドウマメスナギンチャクと言われボタンポリプとはまったくの属が違います。
生息は3m〜10mとマメスナとしては深場にあたるところに生息しています。浅場にも生息していますが、半日蔭に多く見られますので、飼育照明は絞られた方が良いと思います!

img_20160614-220441.jpg
◎クロシオマメスナギンチャク Ф5mm〜6mm
TypeName:SuperRedRing
これまで紹介したマメスナギンチャクより圧倒的にカラーパターンが多いのがこのクロシオマメスナギンチャクです。
そして人気1でもございます。粒が小さいもののカラーがたくさんありコレクターとしては楽しい存在。
またキクメ、フジ、ブドウは蛍光カラータイプですが、クロシオはどちらかというとパステルっぽいのが多いです。
触手は短く、ポリプも小さいのが特徴!
またクロシオマメスナは生息が超浅場!踏んづけてしまうような露出した岩礁にいます。なので丈夫ってのもありますね。
0m〜2m前後。強光大好き!

img_20160614-220916.jpg
TypeName:OceanBlue

img_20160614-221008.jpg
TypeName:Navy



その他新カラー種がでたら掲載いたします!
是非コレクションとしてもブリードとしても楽しみ方はいろいろ!マメスナの世界へぞんぶんにはまってください!!

写真、文章等の無断使用・転載は禁止 AquaCollection

★アクアな日記

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

★水草部日記

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カテゴリー