地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2010年09月 のアーカイブ

2010年9月30日 14時25分59秒 (Thu)

auraからの挑戦状の解答 3

 auraからの挑戦状、前回の問題です。
[問題]
A(1)=1,A(2)=11,A(3)=111,・・・・と1がn個並ぶn桁の整数をA(n)と定義する。このとき、A(n)×A(n)の答えに1が2010個並ぶようなnの値は存在するか。存在するのであれば、そのnの値を全て求め、存在しないのであれば、その証明をしなさい。但し、nは自然数である。

[解答]
n=18082,18083,18084,18085,18086,18087,18088,18089,18090

[解説]
 この問題は規則を発見するのにある程度の計算をしなければなりません。その計算で発見できる規則は、
nの値が10以上のとき、
@上の桁は順に123456790123456790・・・・と続く。
A下9桁は上から987654321となっている。
B@A以外の桁は下の桁から順に023456789023456789・・・・と続く。
です。但し、上からn桁目はBのルールに従う。
 これを利用して計算すれば上記の解答になる。細かい計算は皆さんでやって見よう。

2010年9月29日 14時45分49秒 (Wed)

誰から英語を学べば・・・・

 学生の皆さん、英語を楽しく学んでいますか。ところで、英語って何のために勉強するのでしょうか。私は、英語で話すために勉強するのだと思いますが、皆さんはどうですか。
 最近は『受験のため』『就職のため』に英語を勉強しているようにしか見えません。最近聞いた実話ですが、『英語を教えている先生がオーストラリア人とまともに会話できない』。この先生に教わっている生徒はどう思うのでしょうか。
 でも、考えて見てください。『日本人が英語を教える。』違和感ありませんか。これが『フランス人が日本語を教える。』だったらどうでしょう。
 英語が国際語である現代、英語は英語圏の外国人に全て任せるべき、或いは留学制度の極端な緩和措置が必要ではないでしょうか。勿論、そこには『費用的問題』『法的問題』があります。結局、日本人が日本人から教わった英語だけでは、ネイティブ感がでず、
Please trust me.
という英語しか言えない状態になるのです。あの場合も、
I am new in position. But, I'll do my best, I promise you.
と言えばあのときの関係はそれほど損なわかったったのではないかと、ある週刊誌に書いてありました。
 現在の日本の教育環境を考えれば、英語を学びたかったら『英会話学校』へ行きましょう。そのほうが確実に英語がしゃべれます。学校の試験が少し悪くたって良いじゃないですか。アメリカ人に『Please trust me.』と言って恥をかくよりは。
 ということは、数学を学びたかったら、『数学専門の学習教室』に行けば良いし、国語を学びたかったら『国語専門の学習教室』に行けば良いのです。英語を学ぶ感覚と同じです。数学・国語専門の学習教室、探せばありますよ。ちなみに、私は数学専門の学習教室を経営しています。
 結局、何が言いたかったといえば、自分の教室のCMをしたかったということです。
 お後がよろしいようで。

2010年9月28日 11時30分53秒 (Tue)

塾でのテスト対策

 この時期に2学期の中間試験が行われますが、この試験対策はどこで行っていますか。
 私が以前勤めていた塾(複数勤めました)では、中間試験等の定期試験対策を授業でやっていました。そのときの私の考えは『こんなこと、はっきりいって無駄である。学校の定期試験は一夜漬けするまたは学校の先生にごまをすっておけば成績は下がらない。』です。
 皆さん、学校でもらう通知表のことを考えすぎで、通知表の成績が高いから学力があるという考えは『相対評価』の時代であって、『絶対評価』が主流である現代では必ずしも成立しません。(相対評価時代、試験で95点とっても5の評価がもらえないことが多々ありました。)
 では、私が塾講師として勤めていたときのテスト対策授業はどういったものだと思いますか。それは、問題の答えを丸暗記させる授業です。勿論、露骨にはやりません。露骨にやればお客様からクレームがありますから。
 今の塾のテスト対策は、この『丸暗記』や『過去問題』を行うまたは、テスト対策といって通常授業をするのいずれかではないかと思います。皆さんが通っている塾はどういったテスト対策を行っていますか。
 学校の定期試験対策を塾で行うというのは、明らかに学校の授業を受けていない、勉強をなめている、勉強の計画性が全くない。はっきりいって下衆の極み。こういった生徒が将来大学に入って、日本の将来を背負う、・・・、こんなのには任せられないね、日本の将来は。でも、こういった勉強をした(させられた)人間が既に、日本を背負って仕事をしているのが現実です。これを脱却するにはどうすればよいか。それは簡単、日本を捨て他の国で生活する、または、正しい勉強をして世界の情勢・文化などを徹底的に分析して数学的に素早く処理することの2つです。それ以外の方法での脱却はほぼ不可能ではないでしょうか。
 もたもたしている時間は、もうありませんよ。

2010年9月25日 15時09分47秒 (Sat)

数年後の予想問題

 2010年実施の上智大学の数学の入試問題に、私がその2年前に作成し、塾の授業でしようした設定が全く同じ問題が出題されました。(小問の一部は異なりますが、設定は同じです。) 大学入試の問題でこういったことが起こったのは、今回が初めてだと思います。(過去に県立入試の問題でこういったことは何度かはあります。) 正直ビックリです。
 私には、数年先が見えているのではないかと、超能力者ではないかと自画自賛したところです。現在も新作の数学の問題を作成しています。ということは、今年作った問題の中に・・・・。 
 

2010年9月24日 15時11分20秒 (Fri)

最初の算数の疑問

 皆さん、算数を習い始めて最初の疑問は何ですか。
 私の疑問は『なぜ1+1=2なのか。』です。そもそも『1』『2』『+』『=』とは何なのでしょうか。私は数検1級を持っています。この人間を納得させられる解答をお持ちの方、下記にご連絡下さい。
auramath@moon.sannet.ne.jp
 算数・数学は計算の学問と思っている方いらっしゃると思いますが、計算をするのであれば『電卓』や『パソコンの計算ソフト』があり、わざわざ人間が計算する必要はないと考えています。(分数や平方根の計算、簡単な関数の定積分くらいであれば電卓で計算できます。そういった電卓が家電量販店で一般に販売されています。)
 では、算数・数学は何のためにあるのでしょうか。それは『自力で考えられる能力を身につけるため』『その考えたことを実行する能力を身につけるため』にあるのです。それを単純化するために数字を使っているだけなのです。(理学・工学・医学などの数学を専門で扱う方はこの限りではありません。) つまり、算数・数学を正しく学習したのであれば、全ての教科・常識を書物を使って独学で学べるのです。何故なら自力で考えることができるからです。ということは、算数・数学を正しく学習しないと、・・・・。(点点のところを考えて見ましょう。)
 皆さん、もう一度算数・数学を見直して見よう。


ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリー