地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2010年12月 のアーカイブ

2010年12月30日 12時23分03秒 (Thu)

小遣いを稼ごう

 最近、いろいろなWEBサイトがありますね。その中には、
『ポイントを現金化することができるサイト』
があります。しかし、いろいろありすぎて、全部やると収拾できなくなります。
 そこで、お勧めなのは、
Point Pay
です。詳細はここには書きませんが、
『ちょっと、小遣いを稼ぎたい』
という方は、のぞいてみると良いでしょう。

2010年12月27日 12時24分07秒 (Mon)

証明するとは?

 何か口論をする、またはトラブルが起こったとき、
『では、そのことを証明してください。』や
『立証してください。』
なんていう方や団体等を見たこと、ありませんか。
 はっきりいいます。人間社会の中では、

『どんなことも証明することはできない!!!!!』

 声を大にして言いたい。絶対にできないのだから。できると言える挑戦者の方、ご連絡を下さい。(もしできなかった場合は、ペナルティが勿論あります。)

 そもそも証明とは何か。それは、
『ある事柄、命題が論理的に正しい、あるいは事実である、ということを明らかにすること。』
が証明の意味だそうです。つまり、
『何を基準に明らかというか。』
の部分を自己解釈すれば、どんなことでも否定できるということです。また、証明の世界では、
『多数決』
は使用できません。証明は、
『全会一致』
が条件ですので、天邪鬼な人間が1人でもいれば、どんなことも証明できないということになります。
 以上により、人間社会において、証明できるものはないという結論を私は出しますが、これ自体も、
『どんなことも証明することはできない。』
の証明にはなっていないのです。それは、
『何を基準に明らかとするか。』
を自己解釈すれば良いのです。
(なんか、堂々巡りしますね。)

 私の結論は、事あるたびに『証明してください。』『立証してください。』という人や書面等に書いてある団体』に対して、
『付き合わない。』『無視する。』『関わらない。』『そこの商品を買わない。』『メールの場合は迷惑メールに登録する。』
等の『避ける行為』をするのが最も良い考え方である。そうすれば、『証明してください。』や『立証してください。』とだんだん言ったり、書いたりしなくなるでしょう。だって、誰も構わなくなるのだから。

2010年12月24日 15時09分29秒 (Fri)

数学演芸会

 今日はクリスマスイヴです。私の教室の中にある
『数学演芸会』
とは何だと思いますか。一般に演芸といえば、
・お笑い(落語を含む)
・マジック
・ジャグリング
・ものまね 等
と色々あります。私は上に上げた4種類、上手ではありませんが、演ずることはできます。(落語は新作落語を作ることもあります。)
 この数学演芸会とは、数学嫌いな方に、上記のようなものと数学を上手に組み合わせることで、
@数学は面白いものである。
A数学は将来最も役に立つ教科である。
B今までの学習の仕方が間違っていたんだ。
ということを伝える為に創設したものです。
 ぜひ、そんな授業(演芸会)を受けて見たい方は、当教室の『出張授業』の内容をご確認の上、お申し込み下さい。
 数学が皆さんの将来を明るい方向に齎してくれるでしょう。

2010年12月23日 12時01分37秒 (Thu)

勉強を楽しむ

 『勉強は何のためにするのか。』
という質問をよく受けます。私は昔は、
『じゃあ、将来何をしたいの。』
という質問をかえしていたのですが、これでは勉強意欲がでないようです。

 勉強自体は好きではありませんが、
『勉強は人間が作った最高の道楽』
と考えると結構面白い。
『遊び人が勉強をする。』
と考えると、意外と勉強が捗る。人間はよくできた生き物であるとつくづく感じる。

 私の教室にいよいよゲームや立体パズルを置きました。これらの道具は、
『頭のよくなる道具』
なのですが、これも使い方1つです。

 今の人(老若男女)は『道具の使い方』に関しては非常にレベルが低い。結果(結論、答え)を知識を垂れ流しするだけで真似るのは非常に得意。これではいくら時間があっても、景気は良くならない。道具が使える人に景気を全て奪われる、そして文句を言う。

 考え方を変えないとこれからの世では生きていけません。考えるという考え方を学んで見ましょう。

2010年12月21日 17時07分19秒 (Tue)

教師の存在

 『教師、講師はどういった立ち位置にいるのが教育上最も良いのか。』これは、永遠のテーマであり、このマニュアルはできないと私は考える。
 ルール(マニュアル)には『固定概念』を持った人たちが作成するので、その人たちでは気づかない『漏れ』は必ず生じます。その『漏れ』から大抵、問題が起こるものです。
 言い方を変えれば『ルール(マニュアル)は、その場凌ぎしただけで何の解決にならない邪魔なもの』であるといえるのではないかと思う。
 『教師(講師)と生徒は、どう接するのが良いか』というものを議論するのではなく、そういったことができる人材を事前に作ることが大切である。
 何事も先送りしないことが、最も重要である。


ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード