地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年01月 のアーカイブ

2011年1月31日 16時37分11秒 (Mon)

auraからの挑戦状の解答 7

 では、前回の問題です。
[問題]
 A=10000×10001×10002×10003+1とする。このAの正の平方根の値を求めなさい。尚、4の正の平方根は2、25の正の平方根は5、169の正の平方根は13である。
但し、電卓を使用することは禁ずる。

 電卓を持ちいらないでできましたか。では、正解です。
[解答]
10301

[解説]
 この問題は、
x(x+1)(x+2)(x+3)+1=(x^2+3x+1)^2
と因数分解できることに気づけば簡単です。
(x^2とは、xの2乗のことを表します。)

 この式に、x=10000を入れれば、求める値が、
100^2+3×100+1=10301
となります。

 数学の問題を考える上で、
『仮説を立てる』
という行為は非常に大切で、この考えは『実生活』でも使用できます。正しい数学を学んでいる方は、こういったところに最も力を入れるんですよ。
 この問題は、
『仮説を立てて考える習慣が身についているか』
を目的とした問題でした。

2011年1月30日 12時03分32秒 (Sun)

面談をするとき注意しよう

 面談や相談、ちょっとした話をする場合、される場合、どこでしていますか。
 私の教室ではこれから挙げることについて細心の注意をしております。それは、

『相手側の座る位置』

です。実は、この座る位置、座らされる位置だけで、

『脅迫』

ととられてしまうことがあり、その契約や他の約束事を

『全て無効にされた上に、損害賠償をとられてしまう場合がある。』

からです。私も訴える側に立てる権利はもっていますがそれは、

『相手の出方ひとつ』

です。では、どういった場所が悪いかご説明します。

@客を上手側に座らせる場合で上手側に窓などの脱出口がない部屋
(客を奥の席に座らせ、会社側が入り口側に座る。そして、窓のない部屋を利用している。(重要な話だからといってそういった部屋に入れてきたら要注意。)
A出入りするところ(またはその周辺)に会社側の人間が客よりも先にたどり着ける可能性があるように座っている、或いは立っている人間がいる。

 こういった部屋での話は、
『客側の人間が単数』
であれば、裁判等の進行の仕方にはよりますが、
@脅迫
A監禁
の損害賠償は取れると思います。
※私は弁護士ではないので、さらに細かいことは分かりませんが、法律を素直に読めばこういったことが言えます。

 また、こういったトラブルになると、
『直に大きな声を出す。強い口調を言う。他人に聞こえるように文句を言う』
方いますが、これも止めた方がいいです。勿論、
『脅迫罪』
になります。脅迫をされたか否かは、
『脅迫である思った側』
の権利なので。
 最近、そういったこと少なくなりました。人間が丸くなったのでしょう。ただ、人間は金や地位を持ち出すと、先ほどの行為を行う傾向がありそれを、
『ルールを変えて正当化する』
ことを平気に(兵器に)してきます。こうならないよう注意をしながら生きていきたいものです。




2011年1月29日 16時29分42秒 (Sat)

後だしジャンケン

 今日の新聞に国公立大学の倍率の中間発表の記事が載っていました。大学選びは一生に関わることですから、大事になる気持ちは分かります。しかし、それにしても中間発表の倍率が
『低すぎる』
 周りの顔色を見てから大学を選んでいるようにしか考えられない。
 あるCMでは、
『行ける大学ではなく行きたい大学』
といっていますが、学生側が
『行きたい大学ではなく行ける大学』
にしているような感じを受けます。また、このように『行ける大学』と考えている連中は、
『研究よりも就職の為』
と考えていると思いますが、以前も書いたような気がしますが、
『大学は就職の為ではなく、勉強・研究をするため』
に行く所です。就職の為に大学へ行く人間が増えるから、日本の学力は低下したのではないかと思います。学問は、
『人間が造った最大の道楽』
です。
 私の学習教室は『道楽的』に学習しながら、将来のことを考えています。夢を持たない生徒、夢が乏しい生徒に対しての授業をしていません。意味なく、
『進学』『就職』
の勉強してもストレスがたまるだけですから。

 中間発表を見てから大学を選ぶ・・・・、受験に受かるだけが目的であればそれでもいいが、そこまでしないと合格できないのであれば
『受験生としていかがかな?』
と思います。この考え方は『後だしジャンケンをしている』ことと、さほど変わらない。しかも『後出ししているのに勝てる確率が低い。』のでは、どうしようもない。
『過激塾戦争』
といえる塾の数の多さがもしかすると影響しているのではないでしょうか。因みに、私のところは、
『学習教室』
ですので、塾の仲間にはしないで下さい。行っている内容が塾と全く違いますから。でも頭は塾よりも適切に良くさせる事はできますよ。

2011年1月26日 16時36分44秒 (Wed)

2011年センター試験 aura講評10

 今日は2011年センター試験数学A(数学UB)の第5,6問について述べます。
第5問
 出題は、
@統計
からでした。毎年センター試験の統計は、
『受験として制限がなければ絶対にとるべき問題』
と言えるくらい易しい問題が出題されます。今年も例外ではありません。
 まずは(1)。平均点の求め方は小学生でもできる。次の問題は解き方に気づかなくても1次方程式で簡単に解ける。
(2)偏差という言葉は教科書に書いてあるので、その意味を知っていればただの小学生の引き算。分散、標準偏差も簡単な公式です。但し、標準偏差は分散の平方根なので、値に根号の残る形になると開平法(今これは習わないか?)を知らないと、計算が止まる危険はありますが、センターの問題で、そこまで心配することはまずないでしょう。
(3)連立方程式の式作成は、問題文から簡単に分かりますし、連立方程式の計算も『高校生以上』であれば難しくはないでしょう。
(4)相関の問題ですが、相関図はただ表とグラフを見比べれば簡単ですし、相関の定義を知っていれば相関関係は容易です。
(5)この問題はただ面倒なだけで、ここで時間を使うのではないかと思います。しかし、問題は易しいです。

 この問題の私の評価は、
難易度:★☆☆☆☆ (易)
目安時間:(文系)15分前後 (理系)10分程度

第6問
 出題は、
@BASICを使ったプログラム
からでした。題材となっている内容は、中学入試を学習した方なら1度は解いたことがあるタイプで、イメージはし易かったと思いますが、中学入試の経験がない方にとっては、
『What?』
と感じたのではないでしょうか。
 今年のプログラムの問題は例年よりも、
・設定:複雑
・プログラム:分かりやすい(IF THEN 文のみなのでプログラムのループが単純である。)
ので、総合的には、『例年通り』ということでしょうか。
 プログラムの問題は、
『センター試験の為だけに使用する学習する』
という方法は最も賢い考え方で、高得点を狙うための常套手段です。来年、センター試験を受ける方、3ヶ月もあればセンターで、ここの問題を満点とることは十分可能です。是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

この問題の私の評価は、
難易度:★★☆☆☆ (やや易)
目安時間:(文系)18分前後 (理系)12分程度

 2011年センター試験については今回が最後です。私は、数学をマークシート式の試験にするのは反対の立場の人間です。それは、
『知識がなくても正解を出すことができるから。』
である。知識は時には数字で表せないこともあります。ところが、現代人は、
『数字のもっている意味を知らずに数字を使っている。』
ため、数字が全てあると勘違いしています。現代人は、
『数字を使うのでなく、数字に使われている。』
といいざるを得ません。今は事あるごとに、
『数字』
を要求してきます。
 数字のもっている意味をしっかり把握しないと、
『問題だけが解ける愚か者』
だけの世界になってしまいます。そして、その愚か者によって、地球は壊れていくのではないでしょうか。
 数字・・・。皆さんで暴走しないよう、しっかりとした知識を植えつけましょう。



2011年1月25日 12時18分33秒 (Tue)

2011年センター試験 aura講評9

 今日は2011年センター試験数学A(数学UB)の第4問について述べます。
 出題は、
@空間のベクトル
からでした。今年の選択問題の中では比較的易しい問題です。
『図形が苦手だから難しかった。』
という方もいるでしょうが、この問題は、
『図形より計算力。文章にあわせて計算するだけ。』
なので、解けなかったのであれば、
@ベクトルの基本公式を覚えていない
A日本語が読めていない
B単なる計算ミス
のいずれかです。
 @について、
・ベクトルの和・差の公式
・ベクトルの内積の公式
の2つの公式は、知っていますよね。これだけ知っていれば後は計算だけです。何の図形知識もありません。
 Aについて、最近の子供は、
『本を読まない』
傾向があるというので、ごく最近になって学校で本を読ませるようになっているので、数年後このようなことを書くことはないとは思いますが、今の学生は、
『問題文を読まず、答えを覚えようとする傾向が強い。』
 これができなくなる要因のようです。このような現象が起こった原因として、
『学歴だけで塾の講師をしている人間がいる』
『ゆとり教育の良いところを無視した教師がいる』
が挙げられると私は思います。
(補足、大学生の皆さんへ。バイト感覚で塾の講師や家庭教師をしているのであれば、即刻辞めて下さい。はっきり言って邪魔です。学業よりも真剣に生徒の為に行動が取れているのであれば構いません。『大学の試験があるから。』なんてくだらない理由で仕事を休むなら、教育関係のバイトはしないで下さい。(怒))
だからといって、本を読んだだけでは数学の文章題は解けません。数学ができる人間になるには、
『適切な要約力』
が必要で、その練習の為に、
『読書感想文』
を書いて見よう。(もっと、効率よい方法は、当教室で指導します。)
 Bはプレッシャーなどの理由があり、なかなか克服は難しい。ですので、このBだけは仕方ないと思います。計算は時に『運』も必要ですから。

 全体的に計算もシンプルで、時間があれば満点も十分に取れるものなので、ここまでいかに時間を残したのかが全てではないかと思います。
(数列を解いてからここに入ると少しあせったのではないかな?)

 この問題の私の評価は、
難易度:★★☆☆☆ (やや易)
目安時間:(文系)15分前後 (理系)10分程度

 次回は2011年センター試験数学A(数学UB)の第5,6問について述べます。お楽しみに。



ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリー