地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年02月 のアーカイブ

2011年2月28日 12時25分17秒 (Mon)

算数、数学のaura式学習指導要領9

 算数、数学をどのような順で学習すれば少ない時間で学習できるかを書いていこうの最終回です。今回は中学3年生の数学です。
 中学3年生で習うべき内容は、
@座標と直線関数 (一次関数、比例を含む)
A反比例
B二次関数とグラフで解く二次不等式 (現行数Tの内容を含む)
C円の方程式
D確率(P,Cを使うものを含む。条件付き確率は発展内容。)
E相関の計算
です。ここの内容の半分程度は
『現行課程なら高校の内容』
と超厳しい内容です。

 私は暗記量であれば普通の塾の先生や学校の先生の半分もないでしょう。何故って、
『無駄な公式は覚えなくてもいいよね。』
が頭の中にあるからです。
『覚えなくてもその場で短時間に証明できたほうが得』
という考えも持っています。

 『数学は暗記教科ではない』
と常々いっている人間だからこそ、この内容で行っても、
『支障なく』
授業はできます。

 今の子供が勉強嫌いなのは、実用的でないものをただ並べて勉強しているからではないかと思います。ちょっとした指導方針の変化で、全く同じ授業をしても結果に大きく出るのです。

 今日の内容は確かに指導者側、生徒側どちらも厳しい。しかし、その内容をどう生かせば良いか、ということをしっかり伝えれば、決して無理ではないでしょう。後は指導者の腕1つです。
 指導することは自らが学習すること、人まねをしないこと、上手な人のテクニックを上手に盗むことなのです。再確認をして、今後の指導に役立たせましょう。
 以上でこのシリーズを終了します。

2011年2月27日 11時07分28秒 (Sun)

算数、数学のaura式学習指導要領8

 算数、数学をどのような順で学習すれば少ない時間で学習できるかを書いていこうの第8回目です。今回は中学2年生の数学です。
 中学2年生で習うべき内容は、
@いろいろな作図(コンパス、定規で描ける内容。発展で楕円。)
A図形の証明(合同、相似)
B三平方の定理
C円の性質(発展で楕円の性質)
D平面図形(現行課程、高校数学Aまでの内容全て。三角比を除く。)
E立体図形の解析、立体の体積、表面積
です。中2で行うべき内容は、
『とにかく図形』
です。徹底的に図形を学習させることで、スパイラル授業を極力少なくさせられます。

 次回は中3の内容です。

2011年2月26日 12時30分54秒 (Sat)

算数、数学のaura式学習指導要領7

 算数、数学をどのような順で学習すれば少ない時間で学習できるかを書いていこうの第7回目です。今回は中学1年生の数学です。
 中学1年生で習うべき内容は、
@文字式の扱い方 (現行中1,2の内容)
A方程式 (1次、2次、連立方程式)
B不等号と不等式 (1次、2次、1元式の連立不等式)
C平方根 (現行中3の内容)
D展開、因数分解(2次式まで、高校内容のたすきがけ等の計算を含む)
です。中1で行うべき内容は、
『計算』と『式の扱い』
の基本形です。中学生であれば2次式、つまり
『2D』
の世界は自力で考えられるようになってもらいたい。その為に必要な
『1st step』
が上の5つであるという事です。
 次回は中学2年の内容です。

(P.S)でもこの内容を教科書にすると多分250ページ位にはなるでしょうね。

2011年2月25日 16時28分57秒 (Fri)

算数、数学のaura式学習指導要領6

 算数、数学をどのような順で学習すれば少ない時間で学習できるかを書いていこうの第6回目です。今回は小学6年生の算数です。
 小学6年生で習うべき内容は、
@パソコンの使い方(表計算ソフトの扱い)
A正の数と負の数(加減乗除まで)
Bいろいろなグラフ(統計的グラフ全般)
C相関の基礎
Dいろいろな立体の体積と回転体
E合同と相似、三角形と四角形の性質
F場合の数(順列と組合せ)
です。通常、小学校では習わないものばかりが並びました。

A、D、Eは中学で習う内容
@、Bの一部、C、Fは高校で行う内容

 この内容を小6に選んだ理由は、
『情報化社会に対応するために必要である』
と判断したためです。かなり厳しい単元もありますが、これからの情報化社会についていくには、このくらいは必要です。

 次回は中学1年の数学です。

2011年2月25日 12時17分04秒 (Fri)

算数、数学のaura式学習指導要領5

 算数、数学をどのような順で学習すれば少ない時間で学習できるかを書いていこうの第5回目です。今回は小学5年生の算数です。
 小学5年生で習うべき内容は、
@鶴亀算や仕事算のような文章問題
A比例と反比例
B角柱の体積と表面積
C影面積
D統計の見方
です。かなり難しい単元が並びます。ここまでの内容で、現行課程の小学校で習う内容はほぼ終了です。

 できない子にあわせて授業をすることは、大切なことです。しかし、それを過剰にしてはいけません。
 できない子を
(A)勉強の意欲はあるができない子
(B)勉強の意欲が見られない子
(C)問題は解けるが内容の理解ができない子
の3つのグループに分けることが今後の教育では必要です。
『難しい』
と思う方は、教育の仕事は向きません。子供の1つ1つの行動をしっかり見ていれば『確実に分かること』です。その上で、
(A)
の子供に対してのみ丁寧に指導することが重要です。
(B)(C)
の子供に丁寧な指導をすると、学問をなめ、かえってできない子供を作るだけになります。

 当教室でも(B)(C)の生徒については、『入会を断る』場合があります。こういった子に限って、『自分のせいを人のせいにする』傾向が強く、その進化した形が『モンスターペアレント』なのです。
 言い換えれば、(B)(C)の子供を作った教育関係者が
『モンスターペアレント』
を生み出すきっかけになったといえるのではないかと思います。

 次回は小学6年生の内容です。(中学の内容も入ってきます。)


カテゴリー