地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年06月 のアーカイブ

2011年6月20日 14時52分11秒 (Mon)

消費税の凄さ

 では、問題です。
[問題]
 Xという製造会社ではAという商品を売っている。この商品AをYという問屋を経由してZという販売店で販売する。X,Y,Zは年商1000万円以上の為、消費税がかかる。
 XではYに対して1000円(税抜き)で販売し、YはXから買った原価に50%の利益をつけてZに販売し、Zは消費者にYから買った金額に50%の利益をつけて販売した。消費者はいくらの支払いをすればよいのか。尚、途中の計算で出る端数(小数点以下の数)は切り捨てて考える。

[解説]
 単純に順序良く考えれば解けます。
・XからYへ売った金額
={1000+(消費税)}(円)

・YからZへ売った金額
={(XからYへ売った金額)+(50%の利益)+(消費税)}(円)

・Zから消費者へ売った金額
={(YからZへ売った金額)+(50%の利益)+(消費税)}(円)

 問題は消費税です。まずは5%の場合の売価は、
・(XからYへ売った金額)
=1000+1000×0.05=1050(円)

・(YからZへ売った金額)
=1050+1050×0.5+(1050+1050×0.5)×0.05
=1653.75(円)
=1653(円)

・(Zから消費者へ売った金額)
=1653+1653×0.5+(1653+1653×0.5)×0.05
=2603.475(円)
=2603(円)

 これが消費税10%になると、 
・(XからYへ売った金額)
=1000+1000×0.1=1100(円)

・(YからZへ売った金額)
=1100+1100×0.5+(1100+1100×0.5)×0.1
=1815(円)

・(Zから消費者へ売った金額)
=1815+1815×0.5+(1815+1815×0.5)×0.1
=2994.75(円)
=2994(円)

 消費税が5%から10%に上がると、この例の場合、
2994÷2603≒1.15

 つまり、15%値段が上がるということになります。

 ここが数字のマジック。まっ、算数の計算ができれば問題はありませんが。もしかすると、電力の15%カットはこういった計算から生まれたのではないかと推測できます。

 数字は見ただけでは絶対にわかりません。数字の持っている意味をしっかり把握することが、これから生きていく上で重要なことになります。


2011年6月19日 14時32分40秒 (Sun)

auraからの挑戦状の解答 10

 前回の問題です。
[問題]
よく、
『あの情報はデマだ。』
ということを言っている個人、団体があると思います。
 そこで問題。この『デマ』の基準とは何であると考えられるか。論理的に考えなさい。

 この問題には『正解』というものはありません。それは、

『デマという言葉にはっきりとした定義が存在していないから』

です。デマはその場にいる人は判断できません。

 裁判を例にとって考えて見ましょう。

1審:有罪
2審:有罪
最高裁:有罪
再審:無罪

 こんな結果になった裁判、ありますよね。有罪と無罪、全く逆の結果です。それは、裁判官が採用した証拠に原因があり、デマを信用したからこそ、このような結果になるのです。デマは何十年も何百年も経たないとわからないものです。今、正しい情報でも遠い未来には『デマ』になっていることもあるのです。

 数学の問題に『真偽』の問題があります。私的意見ですが、これが生まれた背景には、
『デマの発見』
があるのかも知れません。しかし、この問題を苦手にしている学生が多くなってしまった。その為、デマに流されてしまいやすい人間になってしまったのではないかと考えられます。

2011年6月15日 6時01分58秒 (Wed)

良い人とは

『○○さんが△△団体へ□□円寄付した。』
『○○さん、ボランティア活動したんだってね。』
という言葉をよく聞く。ここで疑問が生ずる。

『この人たちは、良い人なのだろうか。』

 まずは寄付の問題から。寄付するためには、お金は必須である。そのお金は、どこから出たものだろうか。
『もちろん商売で成功したからでしょ。』
『給与からでしょ。』
と考えるのが普通です。ならば、

『商品の値段をもっと下げて客に還元させたほうが良いのでは?』

と考えたくなる。寄付ができるということは、

『あんた、どれだけ儲けすぎているの?』

と言いたくなる。

 原価が100円の商品。いくらで売りますか。100円以下で売る人はいませんね。100円より高い値段で売りますよね。100円の価値しかない商品に、いろいろな付加価値をつけて売るという行為は、ある意味
『合法詐欺』
『合法ペテン』
といえる。

 金儲けというのは、
『人を騙す』か『人を泣かせる』
ことをしない限り増えていくことはありません。言い換えれば、
『寄付をする人は大悪党。』
となるのです。

 次にボランティア。ボランティアの意味は
『自ら志願する。』
ということなので、

『無料奉仕』

とは違います。ボランティアがその活動で金儲けをしても問題がないのです。ボランティアは有料です。日本人はカタカナ語に弱いので、こういったトリックに騙されやすい傾向にある。

 仮に無料でボランティア(無料奉仕)をしていたとしても、
『差し入れを貰った。』
等の行為があれば、これも無料ボランティアの定義から外れます。無料のボランティア(無料奉仕)は、
『全ての経費を自己負担する。』
がルール。意外と知られていないことですが。これを無視している無料ボランティアグループが結構いるのも現状にある。もちろん、
『支援金』
を受け取れば、無料ボランティアではないのは当然です。

 さらに『宣伝行為』。これも無料ボランティアの定義から外れる。著名人の場合は、『歩く宣伝広告』といわれるように、『いるだけで宣伝活動』になります。従って、著名人の場合は、
『名前を伏せる。』
『誰だか判らないように行動する。』
活動でなければいけない。宣伝するにもお金はかかる。それを無料でしているわけですから、その差額分、儲けたことになります。
 飲食店の差し入れも同様。
『名前を伏せる。』
は鉄則。

 真の無料ボランティアの定義とは、
@経費は全て自己負担
A名前は伏せる
B誰だか分からないように行動をする
C何も貰わない
D何も要求しない
である。これに1つでも反すれば、
『良い人』
とは言えない。私は被災地で活動をした際は、
『ボランティアではなく売名行為』
といって入りました。しかし公言して。やっている行為は普通のボランティアと同じなんだけどね。AとBとCをしましたから。

 今日のまとめ。
『金は、その金の分だけ人を騙したり、泣かせたりした証。』
嫌な時代だね。

2011年6月12日 15時17分17秒 (Sun)

無遅刻無欠席の難しさ

 当教室では
『24週連続無遅刻無欠席』
をすると、授業料が下がります。最大2割引です。

 簡単そうですが、かなりの難敵のようです。遅刻のほうは少し甘めに見ていますので達成率は高いのですが、
『無欠席』
これが難しい。甘くできませんからね。欠席したものを出席にさせるわけですから。

 勉強ができる人は、
『体調管理のできる人』
『目標(夢)を明確にもっている人』
『同じリズムで勉強できる人』
に多いようです。この3つがそろっていれば
『頭は良くなる』
のです。但し、この3つの達成には、
『家族の協力』
が不可欠です。子供の力だけではこの3つの達成は不可能です。

 よく『勉強しなさい』という保護者がいます。これははっきり言って
『NG』
です。子供のリズムで勉強させなければ勉強ができるようにはなりません。ご注意を。

2011年6月6日 15時30分25秒 (Mon)

2 by 4の住宅

 今、家業の手伝いで2 by 4の家の解体の仕事をしています。しかし、この2 by 4の解体は大変です。一般的にこのタイプの家を建てる方の庭は狭いので、重機の置くスペースがない。仮に重機が置けてもダンプを置くスペースがない。仮に重機やダンプが置けたとしても廃材を置くところがない。その上、解体費を値切ってくることが多い。2 by 4は、建築費が安いので、解体費も安いと思っている方、いらっしゃると思いますが、2 by 4の解体は、非常に面倒な為、通常の家の解体よりも坪単価は上がるのです。
 重機が入れられないため、手作業で作業をしていますが、いや〜、釘と金具が異常に多い。もう釘を4回踏みました。

 これから家を建てる方へ。2 by 4は止めた方がいいですよ。震災などの影響で解体する場合のことを考えると・・・。現在2 by 4の家に住んでいる方、震災などで解体する羽目になることを想定して、貯金しておきましょう。通常の家の解体費より坪単価は高くなりますから。


ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード