地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年02月 のアーカイブ

2012年2月28日 12時04分42秒 (Tue)

後悔している人

 私の教室で授業を受けている生徒のほとんどは、文章問題ができている。(計算ミスはありますが、基本概念は正解である。) 私の教室に来ていない生徒は、文章題を苦労している。
 生徒の一部で、この授業の内容を他の生徒に話している、しかし、誰も信じない。でも、私から教わった生徒はできている。

 こうなると、

『信じない』

ではなく、

『信じたくない』

に変わってしまうのです。自分は苦労して勉強した、しかし、できない。しかし、私の生徒は、勉強をあまりしていないのにも関わらず、解けている。こんな現象が毎回起こり、それを認めたり、信じたりすれば、

『今までの勉強全てを否定すること。』

と同じなのです。だから、『信じたくても信じられない』という

『後悔』

が始まるのです。しかし、後悔してももう遅い、遅すぎるのです。

 勉強のやり方は、実に簡単。しかし、ほとんどの生徒は

『故意的に難しく行っている』

のです。わざわざ難しく、複雑に・・・・。

 中学までの数学であれば、よほどの問題でない限り、問題文を読める能力があれば、誰でも簡単に解けるのです。日本語さえ読めれば・・・・。しかし、それができないということは・・・・・・、日本語が崩壊しているのです。

 後悔をした人へ、もう挽回はできない。このまま後悔を続けてくれ。

2012年2月27日 11時03分45秒 (Mon)

低下した学力を改善する方法

 小学生時代に成績が高くても、中学、高校、大学と進むにつれ、順位が下がっていく学生さん、少なくないようです。格言ですが、

『学校で一番でも、20歳超えればただの人』

は、あまりにも常識なことです。しかし、その本人、保護者は、まず、それを受け入れない。というか、

『受け入れたくない』

という状態なのです。

 小学生時代に成績が良い子も2つのパターンに分かれています。

@とにかく暗記で勉強をしてきた子
A実生活と勉強をリンクして生活していた子

この2つのうち、Aの子は、中学生以降でも、よほどの環境にならない限り、学力は下がりません。問題は、@の子です。

 @の子は、活用するということをほとんどしていません。従って、同じ問題が出れば正解できても、少し表現を変えた問題になれば、全くできなくなるのです。だから、それを克服するために、それを暗記するという作業に入ってしまう。しかし、その方法も、時間が経てば、雪だるま式に量が増えるため、一定の量を超えたとき、学力が大幅に下がってしまうのです。
 しかし、それに気づいたときには、完全に手遅れ。私は、何千人とそういった子を見ていますが、それを完治させることはできません。いいところ50%でしょうか。・・・、これでも、社会では上位のほうには、いられるのですがね。

 でも、指導者は大変。まず@の子は、
『自分はできる』
という無意味なプライドがあります。これを叩き潰すことから始めないといけません。勿論、この間成績は急降下します。つまり、クレームがきます。しかし、今までの勉強すべてが
『無意味なもの』
であることを唱え続け、納得させていきます。そして、『自分ができる』というプライドが完全になくなったところで、やっと、本来の授業に入ります。
(ここまでくるのに、早い子でも6ヶ月の時間がかかります。)

 しかし、この授業の効果を得るためには、当教室に中学1年生くらいから来ないと難しい。(時より例外はありますが。) 以前まであった、

『ゆとり教育という名前の中での、詰め込み学習・わがまま教育』

では、現在の高校生では『完全に手遅れ』。ただ、その被害を、
『高校生時代で体験するか。』
『大学生になって体験するか。』
『社会人になって体験するか。』
の違いだけです。

 大学に進学させること自体は、私なら容易いこと。それが、
『将来の為にならない』
のであれば、進学させても意味がない。不幸を『先延ばし』しただけである。現在、そのようになっている大学生がたくさんいます。私から言わせれば、

『高校時代に大学進学という進学塾からの甘い言葉に誘われ、金かけて不幸になった。』

だけで、自業自得である。もともと何の学力もなかったのだから。面接も練習しないとできないという学生、会社がほしいと思いますか。

 当教室は、この被害を最小限に抑える努力はしています。(たまに、私の言うことを守らない生徒、保護者、学校がありますので、どうしても被害にあってしまう場合があるのは仕方ないことです。) 不幸にならないための勉強を知りたい方は、当教室まで、お問い合わせ下さい。出張授業でも、同様の対応、カウンセリングは行っています。

2012年2月22日 14時41分28秒 (Wed)

TPP問題3

 今日はTPP問題についての第3回目です。

 TPPに参加するか否か、以前に交渉テーブルに着くか否かで揉めている日本に、不利な状況が起こった。それは現在、
『オーストラリアが日本がTPPに参加することに反対』
という情報が流れてきた。これは重大なことです。

 TPPに加盟していない国に対して
『貿易しない、あるいはセーフガードをかける』
は考えられる範囲、
『TPPに加盟していない国との安全保障は結ばない、あるいは破棄』
も考えられる範囲です。

 では、日本がTPPに参加するにはどうすればよいのか。オーストラリアからの許可が最低限必要であるが、オーストラリアは、日本に比べれば豊かな国なので、金では動く可能性は少ないでしょう。
 オーストラリアは『水』が足りない、『環境』に積極的なので、これに関するオーストラリアが100%得するものを出さないといけないでしょう。ということは、

『日本が鯨をとることはできなくなる。』

でしょう。鯨にはうるさい国ですからね。

 でも、日本は
『自国だけで国民全てを賄う資源(食料を含む)がない国』
なので、いずれはTPPやFTAに参加せざるを得ない。そうしないと
『鎖国』
『孤立国』
となり、日本自体の消滅に繋がりかねないでしょう。これは想定内です。

『仮定のことには答えられない。』

なんていうくだらない言い訳が通用しない状態。それが通用するのだから、日本は凄い。

2012年2月21日 14時32分20秒 (Tue)

刑罰の定義

 元少年の犯罪に対し、死刑判決が出ましたね。私個人としては当然であっただろうと思われます。

 人を殺害目的で殺害する人間に対しても人権があること自体、問題であると考えます。人を殺害できるのが人間なのでしょうか。姿は人間であっても、中身は人間ではないでしょう。それに人間のルールを適応すること自体、どうなのでしょうか。

 私は、刑罰自体の定義も大幅に変えるべきだと思っています。特に
『金』
に関するものは。金絡みの犯罪の刑罰が、金額に比例していない。これでは、多く金を獲得したほうが、特になってしまう。(贈収賄も同様です。)

 ですから、例えば、強盗であれば、奪ったものの金額の総額で、
『5,000(円)ごとに懲役1日』

 贈収賄であれば、
『贈賄は20,000(円)ごとに懲役1日』
『収賄は、10,000(円)ごとに懲役1日』
と定義してしまえば、ある程度公平になるのではないでしょうか。また、このようにすると、
『懲役300年』
のような数値も出るでしょう。ですから、
『刑罰も相続させる』
とすると、さらにこういった犯罪も減るでしょう。相続するために、刑務所に入る人がいるでしょうか・・・。多分いないのでは? 
 相続しなければ、それは国のものになりますから、国の借金に当てれますね。

 もともと法律というのは、
『強いものが有利になるようにつくられているもの』
『自分に関係ない人間に対してなら、弱い人に有利になるようにつくる』
が原則である。こう考えると、法律は簡単に覚えられる。つまり、金絡みの犯罪の刑罰を厳罰化できない理由は・・・・・、書かなくても想像できますね。

 情報公開法というものが日本にありますが、役所は
『断る権利』
があります。勿論、第三者が第三者に対しての情報公開をするのであれば、確かにこれは必要ですが、問題は、
『当人が当人に関することの情報公開を請求しても断れる。』
ということです。前述べた、
『強いものが有利になるようにつくられているもの』
が法律であるので、公開することで、自分たちが『不利』になることが確定しているものには、『断る権利』を常套手段で使います。

 しかし、法律を強化したり、改正するということは、その国のモラルが大幅に低下していることの現れであり、モラルの基準は、

『その国に直接関与できる権限の強い人間』

なのです。(直接言いませんよ。) その人間のモラルが低い以上、犯罪はなくならないのです。言い換えれば、法律の改正や強化、新設することは、自国の恥を世界にアピールしたことと同じであるということです。
(ということに気づいている人間が少なくなっていることに失望を覚える今日此の頃。)

2012年2月16日 14時33分56秒 (Thu)

100円授業開設

 等教室が価格破壊に挑戦します。その第1弾は、

『100円授業』

 皆さん、100円ですよ。100円。でも、こういった質問があるでしょう。

『100円で何ができるの。』

そうなんです。勿論、純粋100円ではありません。そのルールを説明します。

@料金形態は以下の2つを併用します。
(ア)1つの問題(これは小問です)、1つの解説(または1つの指導)につき、
100(円)

(イ)授業時間が30分を超過するごとに、
教室使用料500(円)

A授業開始は、問題と質問をした時点からとします。授業終了は、問題が解き終わり理解しきるまでとします。

B完全予約制で、1回の予約で1回の授業とする。

C1度でもキャンセルされた場合、以後この授業を受けることはできない。

D使用教材、筆記道具等は必ず持参して下さい。当教室での貸し出しは一切ありません。

E授業はマンツーマンが原則です。

といった具合です。

 今回、想定されるトラブルは、料金関係のところがほとんどになりますので、この点の説明をします。

 例えば、次のような問題を例にとります。

(例)
 3%の食塩水と8%の食塩水を混ぜたところ、6%の食塩水600(g)ができました。3%、8%の食塩水を何(g)混ぜたか、求めなさい。

 この質問で、一番してはいけない質問は、
『この問題がわかりません。』
これだけは、決してしないで下さい。このシステムで授業料を加算していくので、いくらになるかわかりません。
 この問題で、想定される質問、解説、指導等は以下の通りです。

@問題の意味(国語的意味)がわからない。
A食塩水の形態について。
B%の扱いについて。
C文章から式を作るまでの準備、過程。
D文章題の式の作成。
E出来上がった式の解法手順、テクニック。
F分数の扱い、分数の計算。

 これも、考えられる最小限のことであって、更なる質問や指導・解説があります。上の内容だけで7つですから、700(円)かかり、これを理解するには、最低40(分)かかりますので、ここに500(円)かかります。従って、最低、この問題1問で、1,200(円)かかってしまうということです。
 この問題を効率よく質問すれば3分程度で100(円)で済みます。

 つまり、この授業は、『適切に質問し、適切に理解する』能力を必要とする、高度なものです。

『本当に賢いのであれば、この授業が最適の授業です。』

ほんの少しだけ分からなくて苦労をしている方、2012年3月1日から2012年3月31日まで実施しています。ぜひ、おいで下さい。また、他の学習塾にいっている方でも、
『ここがピンポイントでわからない』
というところがある方、ぜひおいで下さい。決して損はありません。

[お問い合わせ]
(お電話のみの受付)080-1657-3678 (担当)木村

[場所]数学コンサルタントaura 白河教室
(出張教室では、この受講をお受けできません。)


ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829

カテゴリー