地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年06月 のアーカイブ

2012年6月27日 12時00分36秒 (Wed)

消費税が10%になると・・・

 消費税が5%から10%に上がろうとしている日本ですが、実際何%、消費税が増えるのでしょうか。

『5%』

これは、論外です。学校で経済を勉強していない人の考えです。では、次の例をとって考えて見ましょう。

・A社は、B,C,Dの3社からものを買い、それを加工して商品Xを販売しています。
B社の製品は、10,000(円)
C社の製品は、5,000(円)
D社の製品は、30,000(円)
でA社に販売されています。(全て税抜きです。)
 A社は、商品Xを1つつくるのに、B,C,D社の製品がそれぞれ1つ必要です。この商品Xを、A社は150%の利益がでるように定価を決めます。さて、消費税が5%と10%でどのくらいの差が出るだろうか。

 答えは、単純計算でできます。

@消費税が5%の場合
 原価の合計=45,000×1.05=47,250(円)
 定価=47,250×2.5×1.05=124,031(円)
(正確にいえば124031.25(円)ですが、端数は切り捨てで計算します。)

A消費税が10%の場合
 原価の合計=45,000×1.1=49,500(円)
 定価=49,500×2.5×1.1=136,125(円)

B消費税がない場合
 原価の合計=45,000(円)
 定価=45,000×2.5=112,500(円)

 消費税の合計は、
@消費税5%の場合
124,031−112,500=11,531(円)
だけではありません。ここに、
47,250−45,000=2,250(円)
があります。よって、消費税の合計は、
11,531+2,250=13,781(円)
となります。よって、最終消費者から見た場合の消費税率は、
13,781÷112,500≒12.25%

A消費税10%の場合
136,125−112,500=23,625(円)
だけではありません。ここに、
49,500−45,000=4,500(円)
があります。よって、消費税の合計は、
23,625+4,500=28,125(円)
となります。よって、最終消費者から見た場合の消費税率は、
28,125÷112,500=25%

 結果はピッタリ2倍ですが、実際に支払っている消費税の割合は、スウェーデン並みかそれ以上になります。これは、子会社が1つの場合です。孫、彦、玄孫がある建設業の場合、最終消費者の、代金に対する消費税は50%を超えます。

 日本の消費税法は、正確にいえば『違憲』ですが、それを指摘できる方も少ないのが現状です。さて、どこが違憲なのでしょうか。それは、

『税金の二重取り』

という点です。上の計算でお気づきの方もいるかと思います。日本の消費税は、定価に対して、課税します。商品には、消費税以外にもいろいろな税金がかぶさります。その税金に、さらに税金をかけているのです。これは、はっきり『違憲』なのです。

 『消費税10%は仕方ない』と考えのあなた、それは大きな間違い。既に消費税は10%超えているのです。数字がわからない、数学・算数ができないから、こんな単純な計算トリックに騙されるのです。もう一度、経済と数学を勉強し直す必要があります。
 

2012年6月20日 11時34分40秒 (Wed)

定期試験で強い子の学力は?

 学校の定期試験。どのような勉強をしましたか。

 『一夜漬け』学習といわれる学習法をとった方も少なくないでしょう。しかし、この学習法で学習した内容、現在も覚えているのでしょうか。・・・・、ほとんど忘れていると思います。

 なぜ、そのような学習法をとるのでしょうか。それは、

『就職と学歴をセットにした見方』

をしている人が少なくない社会を造ってしまったからです。

いい職につける
  ↓  ・・・・・@
高学歴である
  ↓  ・・・・・A
学校での成績が良い
  ↓  ・・・・・B
試験で高得点をとるための工夫をする

が逆からも成立していると考えているのです。しかし、それは数学用語でいえば『偽』です。まず@の部分。会社が欲しい人材は『学歴』ではなく、『どれだけ会社に貢献できるか』という点です。高学歴者がいい職についているのは、偶然的なことであり、高学歴だから、いい職に就けるということではないのです。あくまでも、学歴は、
『お菓子のおまけ』
程度と考えて下さい。

 次にA。学校の成績が良い人には、『学校推薦』等の特典があります。従って、学校の成績が良くなれば高学歴を手に入れられるという錯覚が起こってしまいます。しかし、『学校推薦』の学生が最後まで、好成績だったかというと、必ずしもそうでもありません。少しずつ、落ちこぼれの組に入っていきます。これは次のBに関係している部分があるからです。Bに関係ない人であれば、問題はありませんが。
 この落ちこぼれ組に入ってしまう学生の特徴があります。それは、

『うちの子に限って、そんなことはない。』

という保護者の子に多いということです。このような保護者の子は、異様なストレス、プレッシャーがかかってきますので、いかなる手段を使ってでも、学校の成績を上げなければいけません。学力もなく、成績を上げようとすると、理解しながらの学習は不可能になり、結果的に、一夜漬けでの短期間記憶やカンニング行為に走ってしまうのです。また、『学力のある勉強』なのか、こういった『知識のついていない勉強』なのかは、学校の定期試験ではわかりません。特に、最近の学校の試験では。全国試験でもわかりにくい。偏差値が当てにならないからです。偏差値は、『受験した生徒』を母集団として計算されますので、母集団の成績が悪ければ、いくら偏差値が高くても、何のデータにもなりません。
(私は、その区別はできますが、それをすれば、ほとんどの生徒は泣くでしょうね。)

 最後にB。最近の学校の試験は、生徒に点数をとらせようとする傾向にあり、
・教科書の内容をそのまま出題
・授業内で言ったことを出題
・副教材からそのまま出題
・出題内容の完全予告
を主とする試験です。これも、作る側にもメリットがあります。
『短時間でつくれる』
というメリットが。短時間で製作したものに、子供の一生を任せられるのでしょうか。任せるのであれば、その子は・・・・・。
 また、上で示した4つからほぼ出題されますので、
『傾向と対策』
さえ組めれば、大した勉強もしないで、高得点が取れます。その大した勉強が『一夜漬け』なのです。
 最近、進学塾等でも、
『定期試験対策授業』
のようなものをやっていますが、将来のことを考えれば、
『何の効果もない。最悪、将来を自分の手で潰す』
のと同じで、そういった生徒を見るたびに、
『哀れ』
と感じます。この子の周りにいる大人は、何を考えているのだろうと思います。

 始めの関係は、あくまで矢印方向だけが成立し、その逆は成り立ちません。成り立つとお考えの人が1人でもいる限り、
・日本全体の学力が下がる
    ↓
・日本の国益が下がる
    ↓
・日本の信用がなくなり、国の縮小、最悪は国の崩壊
となっていくでしょう。ただ、この結果が出るのは30年後、今のままならほぼ100%この流れになるでしょう。今のままなら・・・・。

 私の指導方法であれば、改善は可能ですが、それをすれば、今の学校や塾からの反発は凄いでしょう。なぜなら、今の学校、塾のやり方の大筋を完全否定するわけですから。

 

2012年6月16日 14時49分11秒 (Sat)

検定のお知らせに行って・・・・

 この月になってから数回ですが、学校へ『数検』『理検』のチラシを配布するために出かけました。そこで感じたことです。

@生徒からの挨拶がなかった。

 これにはがっかりですね。普段の教育がどの程度のレベルなのかが分かってしまいます。
『知らない人には、声をかけない』
習慣がついてしまっているのです。

A私:『今年から理科検定が復活しましたが、ご存知でしたか。』
教師:『前任の学校では、実施していました。』
という会話

 話がかみ合っていませんね。こういった応対しかできない教師の授業には、説得力がないといえます。責任転換が上手な人 特有の応対なので、現在の公務員向きなのかもしれませんが、生徒は最悪ですね。

 学力低下問題を指導要領の問題とお考えの方もいらっしゃいますが、実際のところは、
『一部の指導者の問題』
が全てだと思います。昔からよく言いますが、

『子は親を見て育つ。』

と。教師も生徒から見れば親同然の存在ですから。

2012年6月4日 10時48分05秒 (Mon)

学力の高い人

 『学力が高い』とは、どういった人のことをいうのでしょうか。学歴が高い人のことをいうのでしょうか。それとも、学校の成績の良い人のことをいうのでしょうか。

 少なくともいえることは、上の2つのことではないということです。この2つは、
『学力が高かった』という過去の話または『偽装学力で高くなった』だけであり、現在の学力が高いという根拠にはなりません。
 過去の実績は『参考資料』程度。実績で左右してはいけないのです。こうした実績で判断する人に、良い人材は少ないといえます。

 成績は、誰かに習えば、自然と高いなっていくものですが、学力は、自分で努力しないと高いなりません。つまり、
『学生時代、学校の教師や塾の講師のいいなりで勉強した学生に、学力が高い人は少ない。』
となります。

 私の学習教室の授業中で、
@学校の教師の教え方
A学校への不満
B私の学習教室以外の塾や家庭教師に教わっている場合は、その講師の教え方・塾の不満
C家庭内のこと
を聞くようにしています。これが『学力を上げる起爆剤』なのですが、ここから先のことは、企業秘密。詳細は、当教室に入会して下さい。将棋道場・ジャグリングサークルの入会者(学生以下に限り)にも、ほぼ同様のことは行っています。

 学力の高い人というのは、案外暗記している量は少ないような気がします。注意してもらいたいのは、暗記量が少ないから学力が高いのではなく、少ない暗記量でも、たくさん暗記した人と同等の結果が出せる人のことを、ここではいっています。今の人は、
『無駄な努力を行い、必要な努力をしない』
傾向にありますので、こういった一言が必要になってしまうのです。それだけでも、学力低下が進行している証拠なのかもしれません。


ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー