地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2013年10月 のアーカイブ

2013年10月27日 7時19分41秒 (Sun)

ネイティブな英語を聞こう

 皆さん。ネイティブな英語を聞いていますか。

 学校英語ばかり勉強をして実践経験がない人というのは英語が話せません。そういう人、皆さんの周りにいませんか。これは勉強しただけ無駄です。その時間を全て捨てたのと同じです。英語は試験勉強ばかりやってはいけません。しっかりネイティブの英語を聞いて、喋らないと何もなりません。

 昔から言いませんか。
『百聞は一見にしかず』
と。この百聞はペーパー学習のことを言います。『聞』という漢字はちょっと面倒な意味があるのでかん違いした使い方をされがちです。(それは皆さんで調べて見ましょう。) そして一見というのはネイティブの英語を指します。
 よく海外留学をすると英語が出来るという話を聞いたことあるでしょう。(この聞は耳に入ってくる音ですよ)

 でも海外留学はコストがかかりすぎますよね。そういうときには英語のDVDや英語のCD等で代用することで対応は出来ます。ただし、海外留学をするよりは習得に時間がかかります。安いから効果が悪いのです。

 どんな勉強でもそうですが、費用をかけない勉強はそれなりの効果しかありません。費用をかけるのであれば清水の舞台から飛び降りるような気持ちで使わないとダメです。ただ進学塾の中にはこの点を悪用しているところもありますので、進学塾だけは残念ながらこれに該当しません。あしからず。
(進学塾の選び方については以前ブログに書いていますので、参照して下さい。)

 当教室も学校英語ではなく
『英会話』
の授業をしています。始めはこの勉強法は厳しいのですが、子供は案外ついてくるものです。もちろんネイティブの英語で行っています。

 どんな形式であれ、英語はネイティブなものを聞くようにしましょう。

2013年10月7日 17時22分50秒 (Mon)

極論主義

 今回はかなり過激なことを書きます。賛否が分かれると思いますが、(どちらかといえば否のほうが多いでしょうが)お付き合い下さい。

 責任は死をもって行う。これは動物が進化したいのであれば避けて通れない問題だと考えます。死という形で終わらせないと、その相続者や子孫に同一発想をする人間をつくってしまう恐れがあります。
 一見すれば残虐で人権保護の観点から言えば完全にナンセンスなことですが、悪い人間のDNAをばら撒き、新たな悪事を働く事よりは何倍も良いことだと考えます。

 犯罪者を刑務所へ。これも私は正しくないでしょう。更正が容易に可能であれば、
『無罪』
で構わないでしょう。更正が難しいのであれば、
『死刑』
にしても構わないと考えます。その上で執行は可能な限り敏速に。ただし、死刑執行後に必ず行うことは、
『冤罪事件かどうかの調査』
です。これで冤罪の可能性が発生した段階で、その裁判に関した判事・検察官は拘束し、100%の有罪でない限りこの拘束した人間は全て懲戒解雇の上、裁判を受けることなく即日
『死刑』
にし、その人間のDNAをもつ人間も死刑とする。

 なぜこんな極論を言うのかというと、
『景気と経費の関係』
です。日本の場合、受刑者1人にかかる経費が年間240万円以上。死刑囚にいたっては1人350万円程度かかります。現在、受刑者は75,000(人)程度、確定死刑囚が130人程度います。つまり、罪人だけで、
240万×75,000=18,000,000万円=1800億円
350万×130=45500万円=4億5500万円
の経費がかかってしまいます。この金額はほぼ税金です。
『これだけの税金を投入するのであれば別なところに使用したほうが良いのでは。』
がこの極論の基本コンセプトにあります。受刑者及び死刑囚に国民の税金が1人あたり年間約1800円、1月にすると約150円。1日あたり約3円。非常にもったいないです。しかも被害者からも徴収しているのだから。

 間違いの指摘。これも
『死をもって償わせる必要の有無』
から行ったほうが良い。もし指摘したのであれば、今後指摘した人間が同様な間違いをした際は、即『死』で代償。ここまで極論的なことが必要。
『指摘したもの勝ち』
だけは決してさせない。それが子孫に悪いDNAとなってでてくるからである。

 死は残忍な行為ですが、良い未来人を作りたいという意思があればこれが妥当な選択なのです。人間でない動物も言葉は分からなくとも、この原理の基に生きています。人間だけが例外なのです。悪いDNAさえ絶てば自然と良い人間しか残りません。

 生きる権利ではなく、生きていくための義務が現代人に抜けています。さて、生きる義務とは何でしょう。『人間の』ではなく『生き物全体』として考えてみましょう。


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード