cocottoの輪スタッフの日常

2017年3月3日 19時12分08秒 (Fri)

障害児ちゃんたちのの身体像の概論的なことざっくりでもわかってくれるといいんだけど

ぽかぽか陽気でしたnotes
今日は息子をデイに送って行き・・何か所かココットのチラシを配布してきました。
息子の保健所の発達相談もあったので、そこでも渡してきちゃいました(笑)
少しずつココットの輪が広がっていくとうれしいですsign03

そして・・またちょっと思ったことが。

今日、またびっくりの就学相談(笑)に衝撃を受けたのですが・・・

支援校を希望した時点で就学相談が、市町村レベルから都道府県レベルへと変わります。
なので、もう一度都道府県とのやりとりが必要となってくるのですが・・・
で、都道府県の就学相談から電話がかかってきたので、今までお世話になっている区市町村の役所の相談員にいってきますね!って報告の電話したんですよね・・・

今までの経緯を全部ご存知なのですが
なんとなんとshock
今後の相談の中で・・・
今まで支援級への不信感などもあったとは思いますが・・
そこは触れないでくださいって(笑)
支援級でみてもらえないから支援校を希望すると言うと、区市町村の職員の資質にもかかわるので・・都道府県の方にはなんで?って思われちゃうから・・・
ってsign03
あくまで支援校での教育を望んでいるからってことでいってくださいって・・・

マジびっくり・・というか、あいた口ふさがりませんbleah
びっくりで笑っちゃうわ・・・

支援級でもう少し身体面についても理解をしてもらえるのであれば支援級にしようって思ってたくらいで、そこができない!って言ってるところへ安心して預けられない
そもそも知的面も身体面も切り離せるものじゃないし・・・
ってがっかりしたのもあって、
職員の資質の差の大きさに支援校を希望してるんですが。。。。。。。。。

だから・・改善されないんだね〜。

と、びっくりしたのですが・・・

結局のところ、最初から最後まで・・相談員も、地域の先生たちも、まだまだ理解が足りない、んだろうな〜・・・・・って思うこと三昧で、

何かの折にこのちんぷんかんぷんな人たちに基本的な障害児の身体像・・的なことを伝えていかないと(まあいろいろ各論いってるときりがないけど、最低限比較的よくみられる疾患や障害についての押さえてほしいこととか)
今後また、同じようなお子さん、親御さんたちが続出していくし、
本当にニーズにあった教育がうけられないんじゃないかな!

と思って・・

形はわからないけど、ココットの輪でも何かできることがないかな??
なんて感じてしまいました。
たとえばPTAの勉強会みたいのとか、そういう学校行事的なのを使って啓蒙していくとか。
あとは、うえの人たちだよね・・・どこまでいくと理解ある人たちがいるんだろう?!?!

少しずつ・・でも、改善されていくといいなと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村


[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]