地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
株主優待で得をする

◎SAYA店長ブログ

2016年12月7日 8時50分41秒 (Wed)

私がVC Fukuokaに所属した理由とやってみた今!

私がVC Fukuokaに所属した理由とやってみた今!画像 大変間が空いちゃいましたが…久々のブログで予告していた所属理由とかを今書きます!

何故、私が「VC Fukuoka」というチームに加入する事になったかというと、去年の12月頃に行ったMOZUcoffeeというライド仲間のツボちゃんという友達の結婚パーティ&お祝い?ライドがきっかけでした。
主役であるツボちゃんとその旦那さまが、元「VC Fukuoka」メンバーだった事もあり、結婚パーティー前のライドで、チームの方々とご一緒させて頂きました。
その時は、「VC Fukuokaのジャージ着てる人いるなぁー」くらいで、特には印象に残る絡みもなくライドや結婚パーティーは終わりました。
ただ、チームの代表の佐藤さんにとっては、ライド中に竹やぶの未舗装道路走行中にリアディレイラートラブルがあった方の応急処置をするメカニック姿が印象に残ったらしく、そのライドの1ヶ月後にFacebookで繋がった事をキッカケに声をかけて頂き、トライアウトを受け、チームにメカニック兼選手という立場で所属させて頂きました‼

まぁ…この流れからすると、メカニックだけで良いのでは⁉
…と、思われるかと思いますし、私自身も、特に脚力に自信があるわけでもなかったので、チームメカニックという仕事に興味があった為、メカニックというだけでも良いかなぁとか考えました!
しかし、常々…元々が自転車が好きで乗っていた訳でもなく、選手の経験があった訳でもなく、まして、スポーツ頑張っていた経験もない私は、お店という立場の為、お客様に練習方法、レースについてや身体のケア、オススメの補給食について聞かれた時に答えられない申し訳なさや、聞いてもらえない悲しさもあったりして、自分に自信がなく悩んでいた部分もありました。
また、脚力があるのを知っているのに「チームを作って登録レースに出てみたい」という一緒に自転車を始めた仲間の青山くんや赤木くんという2人の大学生に、アドバイスも出来ず、登録レースをよくわからないからチームを作り方も、レースの出方も、レースがどこで行われているかもわからず、何も動けなかった悔しさが引っ掛かっていた事も私がチーム所属を決断した大きな理由でした。

チームに所属するという事は、休日の営業が難しくなり、お客様に迷惑かけるしお店のリスクがある事も想定してましたが、チャンスがある今、動かなかったら後悔する気がして、思い切って動く事にしたんです!

そんな決断から約1年経った今、お店は営業日が減った為、お客様にも迷惑を掛け、なかなか申し訳なく厳しい状況ですし、練習しながら遠征しながら営業する大変さを物凄く味わい、凹む事も、体調崩したり、過労でズタボロになって周りに心配を掛けた事もかなりあり、社会人しながらレースをする事やモチベーションを維持する事、続けていく事の難しさを改めて感じています!
また、補給の取り方やオススメの補給食、トレーニングの仕方やレースについてなど、少しづつ言えるようになり、聞いてくれる方も増えた事、様々な選手やサイクリストの知り合いが各地に出来た事で、視野が広がり、良い刺激になった事など得るものもたくさんあって、チーム所属という機会をくれたチーム代表の佐藤さんやツボちゃん、チーム所属にあたり相談に乗って下さったMOZUcoffeeの皆様、その他尊敬する先輩店長様など、様々な方に感謝しています。

それにしても、ここまでやらせてもらえているのは、両親はもちろん、支えてくれる常連様や応援してくれたりサポートしてくれる周りの存在は大きくて、その温かさに甘え過ぎています!
なので、来年はもう少し営業とチームメカニック兼選手という両立の立場を考えて動く事が私の課題になりそうです‼
なかなか未熟者過ぎて上手くいかない事ばかりですが、ご指導ご鞭撻、応援などどうぞよろしくお願いします!

コメント

すごい((^ ^)

スゴイっす・:*+.\(( °ω° ))/.:+
自分で環境を変えれるその強さが凄いっす(>人<;)
自分も2017はデファイAで大村半島一周出来るくらいにはなります(^ ^)
まだ俵坂で泣いてますが…_| ̄|○
【2016年12月31日 04時44分 (Sat)】 武雄ちゃん

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

アーカイブ

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数