地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

監督・コーチ/コーナー

伊藤監督からのコメント
2016年シーズン、色々とご理解ご協力ありがとうございました。感謝します。

3月のFC今治のTMから始まった、このチームはたくさんの紆余曲折がありながら成長してくれたと思います。
U−13リーグでの貴重な経験は、12歳から13歳のサッカーは全く違っているということが、試合ごとに解かってきたものだと思います。

バリカップではグループ1位通過したものの、1位グループで対戦した、明徳義塾中やゼブラにはかなり突き放された感じがしました。

東海遠征でのホペイロ刈谷カップや清水エスパルスSSにおいて、いかに同じ年齢でもサッカーに対する考えや気持ちが強いと感じたはずです。結果は1点差またはドローが多く悪くはないですが、やはり最後まで走り戦い抜くプレーに差を感じました。

雨の中のバイエルンツネイシ戦は本当に弱さが目に付き、絶対に失点させないとか、絶対に負けないとか、絶対に抜かれないとか勝負に対しての基本的なメンタリティーが無かったゲームでした。
そこが無くてどうやってサッカーするの?試合をする意味は?そんなことを改めて必要だと思う対戦でした。

そこからのカマタマーレ讃岐、ゼッセル熊取、エルバ、エベイユFCとの対戦はいい内容と結果が結びついてきた気がします。

11月のヴォルティス徳島戦は一対一に負けない重要さや、やはり最後まで走りきる強さ、そして球際の攻防に勝つなどの意識が少しづつ克服してきた内容でした 。

今年の県外遠征の締めくくりはFC今治で、やはり一対一の攻防に負けてては試合には勝てないと思う内容でした。例えドローでも一対一に負けていた気がします。

2017年シーズンも厳しい戦いが続きますが 選手の為に我々スタッフも頑張っていきたいと思います。
サッカーだけではなく様々なことを経験させ成長させていきます。
サポート、応援を引き続きよろしくお願いします。

佐野からのコメント
2016年のシーズンも無事終わろうとしています。ありがとうございました。
小学六年生だった2015年の夏に選手たちと会い、サッカーに対する素晴らしい気持ちを感じることができました。

2016年の体験は戸惑いもあったと思いますが、成長はしていることと確信します。が、まだまだこれからです。常に三心(感謝の心・思いやりの心・自立の心)を育んでもらい、未来(夢)に向かって前進していってもらいたい。

三位一体(コーチ・選手・保護者)となったチームは、それなりの結果を残しています。
私も微力ながら頑張りますので今後とも応援、ご声援よろしくお願いします。

朱コーチからのコメント
2016年からFC岡山のコーチをしてます、朱鵬飛です。
保護者の皆様1年間FC岡山を応援してくださってありがとうございました。

選手達と過ごした充実感ある1年でした 。リーグ戦、バリカップ、東海遠征
一回りも大きくなった選手達のサッカーに対して必死の姿を見て、自分もコーチの責任を感じました。

もっと選手達にサポートできるように努力します。
これからも応援よろしくお願いいたします。
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数