地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

促通反復療法(川平法)

卒中のリハビリでこんなみありませんか?
□中枢神経にアプローチしているけど、本当に効果が出ているか不安。
□慢性期だから、これ以上の回復は難しいと思っている。
□マッサ
モビライゼションの時間が長くなってしまう。
□固すぎて、運動療法が上手く行かない。
□患者さんのモチベ
ションが上がらず、他動的なアプロチになっている。


もしあなたが、今このようなお悩みを解決したいと思っていましたら、私に5分時間をください。きっとあなたのお役に立てるはずです。
 
申し遅れましたが、私は群馬川平法研究会代表の吉川彰記と申します。
 
 ほとんどの片麻痺の患者さんの希望はシンプルです。
 
「もっと手足が良く動かせるようになりたい」
 

正直、これに尽きます。
 
しかし、私はこんな患者さんに、手足が硬くならないようにマッサージするしかできませんでした。
 
しかも、センスが良いほうではないので、運動療法もしっくり行きませんでした。
 
そんなとき、劇的に変化を与えることができるアプローチに出会いました。
 
それが、促通反復療法(川平法)です。
 
川平法を実施すると、私の担当している患者さんは、
 
「8年間動かなかった親指が動きました。」
 
と目を輝かせて喜びました。
 
これは、今までのアプローチとは違う、本物だと確信しました。
 
川平法こそ、片麻痺の患者さんに希望を与えることができるアプローチだと思います。
 
促通反復療法(川平法)とは
促通反復療法は、鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンター、元センター長・川平和美名誉教授により開発され脳卒中の身体麻痺や回復されにくいといわれる麻痺側上肢・手指にも大きな改善結果をもたらしており、多方面から注目されています。
img_20170312-085452.png

脳卒中ガイドラインにおいても、行うよう勧められるアプローチ法となっています。
img_20170312-083219.png

 どんなアプローチなのか?
運動性下行路の興奮水準を高めるための反射・反応を利用した促通手技によって、
50回〜100回反復するアプローチです。
 
なぜ促通反復療法なのか?
運動を再獲得するには、
@患者の運動パターンを実現しようとする努力。
A促通手技などによる運動パターンを実現。
B反復して記憶させる。
これ以外に効率的な方法はありません。
以下のデータをみれば、川平法がどれだけ効果的なの分かると思います。

※川平法で促通を加えた時に、グレードが有意に向上しています。
img_20170312-085620.png

シンプルで簡単だから、治療に迷いがなくなり、患者さんに想いが伝わる。
セラピストも患者も、治療がシンプルでないと、不安を感じます。
治療方針が明確になると患者さんのモチベーションが一気に上がります。
 
他の治療法と組み合わせができる。
川平法は、他の治療法と組み合わせることができます。
電気刺激、振動刺激、筋・骨格系のテクニックと合わせて使うと、
効果が何倍にも高まります。
実際に、6か月の壁を超えて、回復される患者さんが多くいます。
img_20170312-085650.png
          
とは言っても、実際に臨床で使ってみないと分かりませんよね?
 
そこで、今回、たった2日間で川平法を臨床で使いこなせるようになるプログラムをご用意しました。

img_20170731-212507.png
 

上下肢のパターンを完全習得!!
「促通反復療法(川平法)2DAYS完全習得プログラム」

1日目<前編> 1029日(日)10時〜16
2日目<後編> 1126日(日)10時〜16

場所:角田病院(〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田6754

講師:群馬川平法研究会インストラクター

定員:30名(残席5名

受講料:2日間で16,000


早期割り!!
9月30日までにお申込みの方限定
2日間13,000

お申込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7a3a6e6d450605


QRコード
携帯用QRコード