地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

塗り替えについて


 
近年の外壁塗装用塗料はカタログやパンフレットで『低汚染』を謳うものが多いですし,実際にウソではなく,かなり良いと思われるものもありますが,それでも“10年経っても塗りたて同然”ということはあり得ません。

外壁塗装の上塗用塗料について

外壁塗装は通常,下塗りの後に上塗り塗料を2回塗りして仕上げます。
最も安価な上塗り塗料は石油缶1缶で5千円以下,高価なものだと10万円を超えるものもあります。
耐久性は塗料の主成分である「樹脂」の系統によって左右されるといわれており,以下の4種類に大別することができます。


でも,ややこしいことに,各系統の中で,さらにいくつもの種類,グレードがあるのです。
溶剤タイプと水性タイプがあり,硬質タイプと弾性タイプがあり,弾性のものでも下塗から仕上までの組み合わせ方で微弾性から高弾性まで,そして,薄く塗るものと厚塗り専用のものがあり,さらには,低汚染性,防カビ性,防藻性,透湿性,断熱性,遮熱性などの機能を付加したもの等々,多種多様なタイプの外壁塗装用の塗料が数十社の塗料メーカー各社から発売されています。
「シリコンだから上等」といちがいにはは言えません。
カタログ上は同じシリコン塗料でも,1万円以下のものから3万円を超えるものまで,実にいろいろな“シリコン塗料”が存在します。
このところ流行りの“セラミック塗料”と称するものも,やはり,1万円以下のものから5万円を超えるものまでピンキリです。

何を塗れば良いのか?
 

端的に言えば,外壁の塗替えを行って“建物に残る”のは塗料だけです。
鉄パイプや板で足場をかける手間,水洗いをしたり,ひび割れを補修したりといった「下地調整」をする手間,塗らない部分をカバーする「養生」を行う手間,そして塗る手間 等,外壁塗装工事費用の大半は,人件費と経費です。
従って,2倍の価格の塗料を使っても工事価格が2倍になるわけではありません。ですから,1回にかかる工事費が多少高くても,長もちするものを塗って,先々の塗替えの回数を減らした方が“結果的には経済的”ではあります。

なんとなれば,現在,20年くらいの寿命をもつ塗料は実在するようですから,そのような高耐久な塗料を採用して塗替えたとしましょう。
その後20年間塗り替える必要が無くなるでしょうか?
私は無理だと思います。
なぜかと言えば,塗装だけで20年間メンテナンス不要になる住宅が皆無に近いと思うからです。





会社名
原山塗装工芸
郵便番号
〒389-1315
会社住所
長野県上水内郡信濃町平岡1612
会社TEL
026-255-2211
会社FAX
026-255-2217
支店
長野営業所/〒381-0016/長野県長野市南掘467-5/TEL026-241-2121/FAX026-241-1600
業務内容
建築一般塗装・公共塗装・リフォーム塗装・看板作製・環境塗装
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数