地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

軽費老人ホーム

2013年3月31日 4時47分51秒 (Sun)

軽費老人ホームとは



軽費老人ホームは、60歳以上(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上)で、身の回りのことは自分で対処することができるが、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことに不安があり、身寄りのない人または、家庭の事情等によって家族との同居が困難な方が入所する施設です。


老人ホームには、A型・B型・ケアハウスがあります。

A型は、食堂が併設されているので食事のサービスを受けることができます。

B型は、家庭環境や住宅事情等の理由により、従来の住居での生活が困難な場合に、自炊できる程度の健康状態の方を対象としています。

ケアハウスは、介護保険では居宅とみなされ、要介護状態と認定された場合には介護保険の居宅サービス(訪問介護、デイサービスなど)が利用できます。


2008年6月から従来あったA型・B型及びケアハウスの類型がケアハウスの基準に統一され、A型・B型の施設は建替えをを行うまでの「経過的軽費老人ホーム」とされました。
 
利用の条件
・年齢が60歳以上(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上)
・身寄りがない、または、ご家族との同居が困難
・身の回りのことが自分でできる
・利用者の生活費に充てることのできる資産
・所得
・仕送り等の合算が、施設利用料の2倍程度(35万円)以下


軽費老人ホームA型は軽費老人ホーム(ケアハウス)と設備基準が異なり、居室面積は狭くなりますが、利用料はより安価に設定されています現状としては、A型・ケアハウスがほとんどです。
自炊できない高齢の方向けの施設です。

また、利用者の生活費に充てることのできる資産・所得・仕送り等の合算が、施設利用料の2倍程度(35万円)以下の額であることが条件となっています。

希望者には、食事サービスや入浴サービスが提供されます。

ケアハウスでは全て個室になっており、ケアハウスの施設内で、自立した生活を促すための環境的配慮がなられていて、車椅子の使用が可能となっています。




ケアプロが老人ホーム探しのお手伝い。相談・紹介無料