地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2014年10月 のアーカイブ

2014年10月26日 17時15分02秒 (Sun)

厳しくなって来たぞ

ども、今日は二男坊の新人戦。

昨晩は短期決戦での登頂。

お相手できなかった皆さん、申し訳ござらん。

21時半の登頂は冷え込みが激しく、金曜日とは一転してます。

昨日は」ダウンジャケットをマウンテンジャケットの下に・・・

もうすっかり冬の兆候だわな。


さて、急激な冷え込みの結果、水温はまたもや15℃前後。

何処も岸際はヒートショックでお魚はおらず

いつもの沖目からの釣りに変更です。

トップで水深のある所を釣る場合、どうしても夏の釣りを

しちゃう人が多いのですが・・・間違っちゃいないのですが

問題は初動を激しく引かない動かし方が大事です。

岸であろうが、沖であろうがキャスト後の着水バイトは有ります。

しかし、魚の動きが遅いので激しいアクションに着いてイケない

事が多くバイトのタイミングをみすみす失っている人が多いです。

羽根もの、ジッター、スイッシャー・・・どうしても音を聞きたい

人はかなり先に投げましょう(笑)

ピンポイントではほとんど魚は釣れないです。

狙い撃ちは晩秋からは着水音はいらないと思った方が良いです。

そっと置く・・・・そんな感じです

おいらは岸際でなくてもほぼこの時期はアンダーかサイドキャスト。

岸際はピッチング、フリッピングがメインです。

img_20141026-173835.jpg

昨晩の貴重な1匹。

水面に張り出した大きな木の先端部分、水面に落ちる光りの影部分の

境目をピッチングで20メートル。

丁度、先端部分でのついばみバイトで新しいフックじゃなかったら

獲れなかった魚でしょうな。


昨晩は以外と明るい・・・と言っても月明りではなく

障害物や木がはっきりと水面に影を落とせる明るさでした。

ここん所がすごく大事で同じ水深、オープンサイドでも

明るいのと暗いのじゃ釣果は歴然と変って来ます。

闇雲にただ沖に向かって投げ続けても魚は釣れません。

寒くなるにつれて複合条件がどんどん増えて逝きます。

より複雑でより安全で餌を捕獲しやすい場所。

それぞれ必殺ポイントを持ってると思いますが

本当にこれからはアプローチの仕方ですね。

慎重に 大胆に 何より静かに・・・・

あと残り7本   頑張ります。

 

2014年10月25日 9時25分48秒 (Sat)

ささやかでは・・・・

ども、ようやくの休みです(喜) 

目一杯仕事してなんだかんだで23時前、山頂に到着。

今日は釣っちゃうよ(笑) 目標5匹・・・無理だろ??


情報通りなら、人がいるはずの南石垣。

以外と人がいない?まずはここからスタート。

民家前を北に向かって行こう

曲がり込んですぐのブッシュを岸と平行に・・・

撃ち始めたらさ。

停車してた車から野郎が1匹出て来ておいらを追い越し

ぴか!!すぐさまの岸際水中ライティング(怒)

この野郎〜!!跳びゲリいれたろか!!

何なんだろう?足元なんて釣りもしないのに

必ず水中を照らすあの行動・・・

おいらの悪癖(喫煙)とおなじか?

まぁ、いいや。

img_20141025-094248.jpg

   本日は100EXで逝きます。100が調子悪くてね。

北に向かって際撃ち続けるも、明らかなる千代鯛バイト。

水温は17℃ちょいでいい感じですが水が悪い。

またまたのターンオーバーで何処もアオコ混じり

沖に狙いを変えての
img_20141025-095634.jpg

なんだ、歩いてく必要無かったじゃん、入口付近での1本。

人の出入りが激しい場所なのでこれ以上、深追いしません。


変って、「金持ちの爺さんの別荘前」へ移動。

1キャスト目。
img_20141025-142006.jpg

後フックですが、しっかりと貫通。

実は本日フックを変更しました。

昨年、愛用していたバレーヒルの2番が廃番となり

どうしたもんかと色々やってましたが

スミスより発売された化研ダブルフックの

バーブありが有る事が判明。
img_20141025-142735.jpg

ゲープの広さは文句無し。

気持ち、おいらにはシャンク長が足りないけど

問題ない程度です。

で、バルクで購入しました(笑)

img_20141025-143017.jpg

とりあえ化研フックが72本有れば、1年は問題無し。

本日がテスト釣行ですが全く持って問題無しでした。

もう1バルクそのうち買っときます。

そんなこんなで、刺さりに不安が無くなっただけに

後は魚にバイトさせるだけ・・・次は何処だ?


深夜近くになるとヘタレが次々に下山して行き

流れ込みがあいたので入りましたが魚など1匹もおらず

途中、Y先輩は仕事で下山。

丸山に移動する事に・・・・本日最後だな。

駐車場でDさんとちゃん君に遭遇。

Dさん1本捕獲。ちゃん君、捕獲無し・・厳しいらしい。

オープン沖目は千代鯛バイトのみ。

コンクリート護岸も着いていませんわな・・・・

複合障害の最奥・・・しかもオープンサイド

10pずれれば魚は出ず。

打ち直し2投目。

img_20141025-144617.jpg

      本日3本目。 じじい大満足(笑)

どんなに水が悪かろうと満水ならこっちのもんです。

家庭訪問的にイメージポイントを撃っていけば

1,2本は出せるようだわな。

じっくり攻めてたせいで時間が26時を廻り本日は終了。

土曜日は早めに下山する為、釣果は望めませんが

現在、66本、目標まであと8本。

なんとか頑張りたいですね。


今日は水澄んでるかなぁ〜(笑)     

























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































 

2014年10月21日 21時50分40秒 (Tue)

水温低下をどう釣る?

ども、今夜は仕事はもうやめです。

仕事より気になる千代田の水温低下

さて、皆はどう攻めるのか?

今年は満水から続けての雨にたたられ、日々水温が下がる始末

岸辺環境が整ったら途端にこれですな。

先週末、岸から離れた魚達は沖目のブレーク上か

水没ウィードの上にいました。

しかも風裏の魚しかバイト無し。

結構厳しい釣りでしたな。

ほとほと嫌になった雨なのに今週も雨(怒)

しかし・・・・

今週の雨はチト違う

注目すべきは日あたりの最低気温と最高気温。

14〜15℃これは現在の水温と同じ。

そして気圧が低いとなれば水圧も低い。

必然的に水中環境は魚が動きやすい状況になる訳で

釣りの条件としては安定した好条件と言えるわな。

img_20141021-220625.jpg

こいつを釣った時も水中環境は同じ。

水温が5℃近く下がったとはいえまだ14℃。

おいら的には何の問題もありません。

釣り方としてはルアーを必要以上に動かさない事。

だからと言ってステイさせるわけじゃないよ

必ず巻き続ける事。これが大事

必殺はライブリ―はウォブリングさせない

スイッシャーはペラを最低しか回さない

羽根物はローリングさせない

必殺の動きをすべて殺す・・・

冷水に落ちた虫がバタバタおよがないでしょ?

果たして生きているのか?死んでいるのか?

魚を迷わせてこそのルアー釣りってもんです。

回転ずしで席に座りながらネタが廻って来た時

食べたいような・・食べたくないような・・・

取ろうか?取るまいか?この心境です(笑)

迷ってしまうのはそれを考えさせる時間を

計算した回転スピードなんだな。

食いつくべきか?止めるべきか?

演出は皆のさじ加減1つですよ。

2014年10月19日 11時18分10秒 (Sun)

急激な水温低下

ども、急に寒くなって来たね

昨日の会社の球技大会出場の為、金曜日の登頂は

断念したおいらです。

送別会も重なり、昨晩は22時前に登頂しました。

すでにみんなはやってる様子。

以外に人は多くないって情報でしたが

南石垣からスタートして釣り始めると

あっという間に駐車場所がいっぱいになり

ゴムにーちゃん広場になりました。

いつも書いてますが・・・マナーの悪さは相変わらず。

繊細な場所の魚は出るはずもなく

もっぱら水面斥候のみで約1時間。

なんのバイトも無いので水温を計ってみると

16℃〜14℃しかない。

いきなりの5℃低下・・・・

しかもコンクリート護岸は温度変化が顕著に出る

ので岸際ベッタリの魚はオイデニならない状況。


23時過ぎに皆と合流

今日はY先輩にfeatherweightの

オールアングルを見せるつもりで持って来たので

さっそく見せます。

その後、ちょいと話して物々交換する事に

おいらが交換してもらったのは・・・・

フェニックス60SRM BORONエクスカリバー

昨年、破損した60superBORONの同系機。

とっても満足ッす!!(笑)

Y先輩有難う。折れるまで使います。


いつもの談笑を24時半まで

その後おいらは北へ、皆は南へ移動。

岬廻りで千代田鯛を3本捕獲(泣)

流れ込みででかいやつでしょ?に追い食いB連発

貰いながら乗せ切れず凹んだおいら。

坂をのぼりながらY先輩、Dさんは帰宅の連絡を

受けてさて、どうしたもんか?

何処も水温は14℃近辺。

考えた末、移動したのは俗称「金持ちのじ―さんの別荘」前。

シャローフラットに居る奴をスローに狙う事に。


開始時、T桟橋側のチェックもしましたが

やはり水が動いてる場所は芳しくない。

ワンドに戻り数投。

するとちゃんクン登場!!のタイミングで
img_20141019-122546.jpg

はい、来ました(笑)ものすごいショートバイト。

今日は難しすぎるかな?

昼はめちゃめちゃ釣れてるらしいけど

気温4℃の中、ラインも飛ばせず捕獲出来たのは

ラッキーかもしれません。

寒かったけどやっぱり昨日だったな―!!(笑)

今週末はきっちり登れるはず

複数捕獲に作戦を立てときます(笑)

2014年10月15日 8時12分15秒 (Wed)

火曜どうでしょう?

ども、今日は私用で休暇中のおいらです。

昨日は台風19号が通り過ぎ日中北西からの冷たい風が吹き

今晩はどうなの?って感じでしたが

一昨日、Y先輩と短時間登頂を約束していたので

千代田に登りました。

週末は濁りと、熊騒動にやられた千代田。

今回の台風がどんな影響をもたらしたのか気になる所


21時半どうしてもこの時間の登頂。

すでにY先輩は売店前でひと振りしてました(笑)

武田の森を登る途中で南石垣から入る事を連絡。

Y先輩も駆けつけてスタート。

山頂は北の風

日曜日に連絡を取った際、南岸の岸寄りでバイトが

あったと聞いていたので期待してます。

まずは石垣足元で1発、登り込んでの

右端で1発、結構いいバイトです。

民家前。

冠水しちゃったけどウィードエリアの上をライブリ―で

引くとこれまた1発。いい感じにバイトがありました。

しかし・・・どうも魚が小さい感じ

北寄りに歩きながら着定点を探します。

排水溝前までギル?バイトを何発か貰いながら

考えてる内においらは1つ確信が・・・・

まぁ、ここでは記載はしませんが

言ってみりゃーおいらの中のパターンに

ハマりそうな気がしてきた訳なんだわな。

すかさずトーピに変更。

着水音を控えた狙い撃ちを続けます

そして
img_20141015-084514.jpg

                  ほら!!

img_20141015-084658.jpg
          見なさい(笑)ちゃんと出たがな!!

グッドプロポーションの47?です。

良いファイトでしたよ  抜き上げられなかったもの(笑)

今回も50にはとどかなかったものの今月3本目の40UP.

秋の荒食い?じゃないけどサイズだけは満足ですな


おいらはこれ1本で満足しちゃいました。

登頂40分。任務完了ですわ(笑)

今日は一緒に付き合ってくれたY先輩。

実はおいらと釣りのスタイルが一緒です。

今回は特別においらの爆撃ポイントを

いくつかレクチャー(爆)たいした事じゃないけどね。

Y先輩、企業秘密だから(爆)

この後、一番の狙いポイントに入ったんですが

わずかな状況の違いなんだろうね

なんと、1発のバイトも貰えませんでした。

湖中の水質も落ち着き始めいい感じになって来た千代田。

週末はゴムにーちゃん達で賑わうでしょう

でも、もうおいらには関係ないです。

爆撃場所に迷い無しですな。

釣行回数もすでに数えられる所まで来ました。

年末に向かってスパートを駆けますわ


 


プロフィール

プロフィール画像
ニックネームトップウォータージャンキー(TJ)
いい年してやりたい放題してます(笑)
人気薄のルアー、竿のいたずらが大好き
です  昼間は怖い違う人です。
血液型A
限りなくO型に近いですが・・・
生年月日
FROGのケンタさんと歳は一緒です。
現住所yamanashi
メンター天国yamanashi県.
数少ないTopperです。
自己紹介
おっさんです。
昼間は家庭サービス。
だから、深夜徘徊。
地元千代田湖に39年通ってます
もう、滅多に他にはいきません

深夜に星を眺めながらゆったりと
竿振るのが好きです。
週末の深夜に出没します。
オールド、現行品お構いなし
コレクターじゃないのでガンガン
壁打ちで道具を使い倒します。
見た目はボロボロの貧乏くさい
ルアーばかり使ってます。

釣行記

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数