地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
サーバーまわりのこと

☆実車に想いを馳せて

2017-04-19

京都線特急の風格

img_20170419-073441.jpg
私の中での阪急電鉄の ”顔” といえば,やはり京都線特急の6300系でした。
私が未だ少年だった頃から京都(河原町)〜大阪(梅田)のノンストップ特急として
活躍していた形式で,今ではほぼ標準となった車体上部に入る白い帯がアクセントで
「俺は他の車両とは違うんだぜ!」 と言わんばかりの風格すら感じでいました。


img_20170419-074309.jpg

唯一の前パン車である6330Fも見かけて撮影できた時は心が躍りましたね。

img_20170419-073508.jpg

現役当時は当然阪急の主力特急車両でしたから,沢山運用に就いてました。
ですから必然的に撮影する画像も増えます。上下線で並ぼうが有名撮影地を颯爽と走ろうが
そのうちに飽きて来て,もうこの車両の画像はエエやろと感じたのも贅沢な事です(笑)。


img_20170419-081144.jpg

img_20170419-081159.jpg

img_20170419-081213.jpg

・・・と書きつつも過去の画像を調べてみると,他形式よりも圧倒的に数が多いです(笑)。
やはり目の前にやって来るとついついカメラを構えて撮影している様ですね。
1975年にそれまでの2800系特急を置き換える形で登場したのが当形式でした。
それから35年もの間,京都線の王者として君臨してきた6300系も老朽化と
特急運用での酷使が響いて,後輩の9300系に後を託す事になります。


img_20170419-083646.jpg

今では後輩の9300系も京都線の顔になりましたが,3扉化された事で特急専用車両という
看板は降ろしてしまいました。デザインも今風で格好良くてお洒落な印象を受けますが
6300系ほどの風格を感じないのも事実です。たぶん車体更新工事などで9300系以外
の車両とのグレード差がなくなって来た事も要因だと思うのですが,自分の中で6300系の
印象とイメージが,かなり強く残っているんだなぁとしみじみ思う次第であります。
私は特に懐古主義ではないのですが,長く同じ時代を一緒に過ごすと特別な想いや感情が
知らず知らずのうちに,こびり付いているのかも知れませんね。




 

2017-04-05

赤胴車

img_20170405-065901.jpg

このコーナーは久しぶりの更新です。今回は阪神電鉄のオハナシです。
今や武庫川支線だけでその姿を見る事が出来る,往年の阪神ツートンカラーです。
ウルトラマリンブルーの青胴車(ジェットカー)が健在なのは唯一の救いですが
私の世代だとやはりこの赤胴車が ”THE阪神” という印象が強いですね。


img_20170405-070503.jpg

今から約10年ほど前ですが当時の西大阪線が延伸され,なんば線へと変化を遂げる際に
この赤胴車の4連も一緒に消えてしまう事を聞いて,足しげく通った思い出があります。
最初は記念的な感じで撮影しようと思ってたんですが,何度も通ってるうちにその独特の
趣と言うか魅力に取り憑かれてしまい,気付いてみれば1000枚以上の画像を撮影
していましたね。まぁ・・・我ながらよくこれだけ記録できたものです(笑)。


img_20170405-072617.jpg

ファンの方なら御存知でしょうが,この7801・7901形から派生した車両は
昭和38年にそれまでの小型車を淘汰する目的で製造されたもので,以後の阪神電車の
基礎を築いたレジェンド的な車両の1つだとも言えます。また同じ形式でありながら
長期間に渡って製造されたので,様々な仕様が存在するのも大きな特徴です。

往年の名車が晩年は支線でヒッソリ活躍している・・・というシチュエーションは
阪神だけでなく各鉄道会社でよく聞く話しだったりする訳です。しかし何処の会社の
車両にも言える事なんですが,第2の人生を歩んでいる姿は何とも言えない哀愁や
往年の雰囲気を醸し出しているもので,特に現役バリバリ時代を知る者にとっては
それが応えられない魅力として,体の奥までジンジンと染み渡る訳なのです。


img_20170405-072649.jpg

模型でも事業者限定品なのですが一応,鉄コレとしても販売されています。
発売当初は狂喜乱舞して(笑)すぐに4連に仕立てて楽しんでいたのですが
私のいつもの悪いクセである程度したら,他の車両や鉄道会社に浮気してしまい
「もう十分に楽しんだから・・・」 と言って,資金繰りの為に売ってしまいました。
その後は大きな後悔は無かったものの,何処かに隙間風が吹く様な感覚をいつも
感じてました。そんなこんなで数年が経過してたんですが,つい最近になって
大変安い価格で同形式を手に入れる事が出来て,現在また手元にあったりします。

あの時の思い出と苦労を形として残す事は,私には必要な事だったと思いました。
まぁ何でもかんでもその言葉で済ませるのは危険ですから(笑)本当に好きな物や
本当に思い入れのある物をきちんと吟味する能力も必要だと思います。
その一環として1度売ってからまた買うという行為も良いのかも知れません。
勿論,これもどれにでも適用させる訳には行きませんけどね?(笑)


img_20170405-073830.jpg

後はこの ”R車” が出てくれたら最高なんですけどねぇ・・・
 

2016-11-22

DD13と言えば・・・

img_20161122-201916.jpg

DD13の写真自体は数枚しかありません。これが現役当時は私は中学生だったので
フィルム代が勿体無いと思って,気にはしながらも殆ど撮ってませんでした。
あん時にデジカメがあったらなぁ〜・・・なんていつも思いますね(笑)。
DD13の活躍と言えば,操車場でウロウロと入換え作業をしていたり
地方のローカル貨物なんぞを引っ張ってるイメージが殆どかと思います。

さて皆さんは ”国鉄尼崎港線” と言う名称を御存知でしょうか?
嘗て福知山線の川西池田駅から,尼崎を経由しながら終点の尼崎港までを
結ぶ4.6Kmの盲腸線が国鉄尼崎港線です。主に貨物運用がメインでしたが
1日2往復だけ旅客運用があり,スハフ42を1〜2両だけ繋いでました。

友人の誘いでこの路線を知ったのですが,当時は神戸の和田岬線で同じ様に
DD13が旅客運用を持っていて,マニアの間で有名だったんですけど
尼崎にもこんな運用があったんだと驚いたのを覚えています。
何せ尼崎駅は東海道線とは別の場所(土手の上)にあったり,途中の
金楽寺駅なんか,もうどんだけローカルな駅なんだと言う感じですし
兎に角4.6Kmの短い路線で見所満載?の素敵な路線でした(笑)。

晩年はその旅客運用も無くなって,細々と貨物運用だけがありましたが
国鉄が小荷物をコンテナに一本化した事で,貨物運用自体が激減して
最後は他のローカル線と同じくあっけなく廃止になってしまいました。

そんな思い出の尼崎港線の編成を,模型でも昔の製品で楽しんでましたが
まさか2016年になって新金型で再現出来るとは思ってもみませんでした。
模型は模型と割り切ってますけど,何だか妙にワクワクしましたね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

コメント欄を設けておりますが,記事に賛同して頂けた方が前提となります。
批判・批評は必要ありません。また管理人が不適切だと感じた内容は予告無く
削除します。当サイトのルールとなっていますので御了承下さい。


 

2016-11-01

キハ181系の思い出

img_20161101-205459.jpg

私の母方の田舎が島根県益田市でして,昔はよく新幹線+在来線特急という組み合わせで
帰省していました。その在来線特急が陰陽連絡特急の 「おき」 だったんです。
キハ181系を見れる唯一の機会だった事もあって,いつも凄く楽しみにしてました。
82系とは違うゴツゴツしたデザインは,まさに山男そのものでして車内まで響く
500馬力のエンジン音が格好良くてシビレまくってましたよ。


img_20161101-205937.jpg

しかし昭和57年に衝撃が走りました。関西圏のキハ82系が老朽化の為,キハ181系
に置き換わったのです。遂に関西にも500馬力の気動車がやって来た訳なのです。
もう舞い上がりましたね(笑)。写真を撮りに行く時は優先的に撮影してましたし
ラジカセを持って発車音やらディーゼルの唸り音を録音したのも良い思い出です。


img_20161101-210251.jpg

そのキハ181系も電化や老朽化の為,だんだんと淘汰されて行きました。
最後の国鉄色での定期運用を持っていた特急 ”いなば" を撮影したくて
2泊3日の撮影旅行を敢行した事もありました。真夏の丘の上で汗を流しながら
181系を待っていた記憶があります。やって来たのは特急とは名ばかりの
たった3両のミニマム編成・・・。侘しさを感じつつも,嗚呼もうすぐ自分の
知ってる山男が去って行くんだなぁと感慨深い気持ちになったものです。

この気持ちは例え模型で再現できたとしても,それを払拭は出来ないでしょう。
やっぱりリアルタイムで感じた,あの感覚は本物でないと駄目ですからね。
模型は模型。実車は実車とハッキリ棲み分けしてる自分が居ます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

コメント欄を設けておりますが,記事に賛同して頂けた方が前提となります。
批判・批評は必要ありません。また管理人が不適切だと感じた内容は予告無く
削除します。当サイトのルールとなっていますので御了承下さい。

 

2016-10-25

普段着の姿にグッと来る

img_20161025-211107.jpg

今回別館の方でUPしましたEF58の竜華仕様ですが,海沿いの運用が多い為なのか
どのゴハチも結構なクタビレ具合でした。またカーブが多い事もあってか見通しが効く様に
ライトもシールドビームになっていまして,ゴハチファンには ”ブタ目のゴハチ” と
揶揄されていて不人気だったそうです。しかし私はこの各線区に応じた仕様が好きで
特に過酷な場所での運用(例えば上越など)で健気に頑張ってる姿にグッと来てました。

私の感性がちょっと変なのかも知れませんが(笑),例えばディーゼル機関車や
ディーゼルカーを見ると油や煤で汚れた姿が妙に好きだったり,旧型国電の波打った
外板やパンタ周りに飛び散った,錆の真っ茶色に哀愁を感じてしまうのです。

img_20161025-211130.jpg

また最晩年の ”なは・あかつき” の車両を見ると,御覧の通りボロボロ・・・。
「夜空に煌く流れ星」 の異名を誇った頃とは雲泥の差がありましたが
痛々しい姿を見ながらでも何処かで 「何だか泣かせるよなぁ〜」 みたいな心境が
同時に去来していたのを覚えています。ちょっと歪んだ哀愁なのかも知れませんが
私はこんな普段着の姿が1番グッと来るものがあります。ですからラストランの様な
イベント性を重視した様なピカピカテカテカのお色直しよりも,最後の最後まで
いつもと変わらない姿でヒッソリと引退して行く方が,何倍も良い感じなんです。

私が超ローカルな地方鉄道が好きなのも解る気がしませんか?(笑)。
今じゃそんな鉄道会社も減って来てますけどね?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

コメント欄を設けておりますが,記事に賛同して頂けた方が前提となります。
批判・批評は必要ありません。また管理人が不適切だと感じた内容は予告無く
削除します。当サイトのルールとなっていますので御了承下さい。


アクセス数
ページビュー数