地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

指導方針

アッチ・フットボールアカデミー指導方針
「アッチ・フットボールアカデミーへ、ようこそ」。
「我がクラブはサッカーや運動能力だけでなく、選手の問題解決能力も育成します」。
★ゴールデンエイジ年代(6歳〜12歳)の子どもたちの技術・体力・メンタル・戦術理解能力を向上させることがトレーニングの目的です。
試合では、日頃の練習の成果と結果(勝敗)を求めます。
★トレーニング時間は概ね60〜120分以内とし、常にボールを触りながら基礎技術(ボールコントロール)とフィジカルを織り交ぜた
インテグラル(総合的)トレーニング」を行います。
★U-6〜U-12まで共通した指導理念のもと一貫指導。
★試合経験を積むことで課題や次の目標修正点、改善点を抽出し、ステップアップできるよう日々のトレーニングに励みます。
☆試合(遠征試合)に積極的に参加することで、経験や体験、規則やマナーなどを学び、サッカー選手としての礎を築いていきます。

アッチ・フットボールアカデミーの指導コンセプトである、「ボールを失わずにゴールを目指すプレー」。
自分のところに来たボールを思い通りにコントロールし、良い判断できる選手は常に周りが見えて良いプレーができます。
子どもたち(選手)に「良い習慣」が身につけば自信を持ってプレーでき、どんなことにも積極的にチャレンジできるようになります。
アッチFAでは、「良い習慣」を身につけたクリエイティブでタフな選手」を育成していきます。
『目的』
1.結果よりも成果を大事にする
@ミスを恐れずチャレンジすることで、選手が自信と勇気を持ってプレーできる。
Aプレーに積極的に参加し、その子どもにとっての「達成感」と「成功体験」を大切にします。
B試合(大会)での結果(勝利)よりも、「個人技術と個人戦術」の習得を優先します。
2.自主性を養い育む
・責任を持って行動する〜自主性を持って挑みましょう。
・フェアプレーの精神(リスペクト)を持つ
サッカーできる環境と仲間(相手)や親、指導者に対して感謝と尊敬、敬意、謙虚な心を持つ。
3.固定概念を捨てる〜選手の「個」を伸ばす
・ユース年代までは、いろいろなポジションを経験し自分の可能性を広げる。
・いろいろな年代の選手や他地域のクラブの子どもたちが集まって、「個」の技術を磨く。
・「できる」ことを伸ばす〜その子どもの長所を伸ばす。
・人の話に耳を傾け、素直に聞いて考え、すぐにやってみる(行動力)が成功への近道。
4.アッチFAの三原則
@“あいさつ“をしましょう! 「自分から挨拶をしましょう!」
A時間を守りましょう。練習5分前、試合10分前までに集合しましょう!
B自分の荷物や自転車、サッカー用具などの準備、片付け、整理
 整頓などをきちんとしましょう。これらは、サッカーのプレーに比例します
 

アッチ・フットボールアカデミー(AFA)

プロフィール画像
アッチ・フットボールアカデミー
東京都豊島区巣鴨・大塚・池袋地域で活動していますアッチ・フットボールアカデミーです。
幼児(年長児)〜小学1年生〜6年生を対象とした少年・少女サッカークラブ(スクール)です。
毎週月曜日の夕方からスクールを開講しています。
サッカーを楽しみながら上達していきましょう!
QRコード
携帯用QRコード