地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ブログ

2016年5月13日 16時27分59秒 (Fri)

不合格者から学ぶ事

 当教室は不定期に高校受験で不合格をした生徒に調査をしています。

 その中で
『塾通いをしていた』
生徒(76名)に対して、

『あなたは塾でどの教科を教わっていましたか』

という問いを複数回答で答えてもらいました。

・数学 75名
・英語 76名
・理科 67名
・社会 69名
・国語 63名

また
『何教科教わっていましたか』
という問いに対して、
・5教科 63名
・4教科  0名
・3教科 10名
・2教科  2名
・1教科  1名
という結果が出ました。

 この結果から塾で習うのは2教科以内で抑えるべきという仮説がいえます。従って3教科以上の教科を勧めてくる塾はやや危険な臭いがあるのでは、という想像ができます。

 当教室は不合格者のデータを分析し、今後の授業指針をたてています。
 尚、当学習教室は、開校時から
入会時第1希望高校合格率100%
を達成しています。(入試時に当教室に在籍かつ休会状態ではない生徒が対象)

 当教室の生徒には
・白河高校 理数科
・白河高校 普通科
・白河旭高校 普通科
と地元の進学校に『第1志望』で合格させています。もちろん入試近くになってから第1志望校変更ということは一切ありません。(入試時に当教室に在籍かつ休会状態ではない生徒が対象)
 それもこういった不合格者データがあるからです。参加していただいた生徒の皆さんとその塾さんにお礼を申し上げます。

2015年8月21日 11時41分36秒 (Fri)

auraからの挑戦状 解答

久々の更新です。
 では前回の問題です。
[問題]
 A=log(21)3とします。このときlog(21)7の値をAの式で表しなさい。

[答え]
1-A

[解説]
7=21/3であることに注意して、
log(21)7=log(21)21-log(21)3
と変形します。あとはlog(21)21=1,log(21)3=Aなので、求める値は1-Aと表現できます。

2014年6月16日 14時32分43秒 (Mon)

凶悪犯罪と勉強法

 凶悪犯罪を犯すものを様々な方法で分析していくと、勉強法に関していろいろな傾向が見えてきます。

@ 学生時代は非常に真面目である

 真面目なこと自体は非常に良いことですし、これだけなら全く問題はありませんが、真面目にも限界があります。『一定の度』を超えてしまうのは良くない場合があります。勿論、学校の先生や塾の先生が
『正しい方向性』
の授業でありそれが、
『将来に直接または間接的に役立つ』
のであれば問題ありません。
 後から見れば『将来性』が全くない勉強法でも、今現段階でそれを見切るのは非常に難しい。だからこそ真面目に勉強することは問題ありませんが、『度』を超えないようにすることが大切です。

A 一夜漬け学習を良く行い、試験で高得点を得ている

 凶悪犯罪を犯すものを分析していくと『学校時代は成績が良かった』という話を聞きませんか。これが危で、試験で成績をとったところで、
・正規の学力
・偽装の学力
のどちらかは点数からでは分かりません。凶悪犯罪を犯すものはほとんどの場合は後者。この学力は『一夜漬け学習』によるもので、短期間で暗記できる利点を活用した学習法で、時と場合によっては必要な部分もあります。ところがこれを乱用してしまうと凶悪犯罪へ近づきます。
 一般に、
・学校の試験が良い ⇒ 頭脳明晰 ⇒ 優秀な人間 ⇒ 社会は見放すわけがない
と凶悪犯は考えています。ところが現実は、
・学校の成績が良いからといって頭脳明晰とは限らない
という風潮が流れています。つまり1つ目の『⇒』が成立しない状況なのです。これに気づいていないのです。なぜ気づかないのか。それが、

『学生時代が非常に真面目』

と関係します。学校や塾の先生が言っていることをダイレクトに受け取ってしまうのです。まだ一部の学校や悪徳進学塾は、

・学校の試験が良い ⇒ 頭脳明晰 ⇒ 優秀な人間 ⇒ 社会は見放すわけがない

を推奨した授業をしており、近年授業の進行速度が早くなっています。その結果、その授業についていくには、

『一夜漬け学習』

が必要不可欠となってしまうのです。

 社会にでてから必要なのは『短期的』に覚えたことではありません。『長期間』で確実に使いこなせる内容のみです。80点の知識は要りません。必要なのは100点の知識なのです。凶悪犯罪を犯すものを調べていくと『100点の知識』というものがほとんど入っていません。

B 不必要な反復演習をしている

 反復演習も、
『100点の知識』
が入ってから行うものであり、それ以前に行うことは決してありません。知識が不足状態での反復演習は
『一夜漬け学習』
同様、短期間の記憶で将来的にはほとんど役に立ちません。

C 進学重視型の指導を受けてしまっている

 当教室で進学重視の授業は行いません。これは進学重視型の勉強をしてしまうと、自分の将来を考える時間を奪ってしまう傾向が強くなります。順序が逆で、
・将来設計を行う ⇒ その結果進学が絶対に必要
となってから進学の準備となる勉強をしないといけません。凶悪犯罪を犯したものに高学歴が多いことに気づきますか。高学歴なのに、善悪の分別がつかないというのは、
『将来設計が出来ていない状態で進学をしてしまったこと』
にあります。小、中、高までは『進学』をすることで将来設計の『先延ばし』が現実上可能ですが、大学からはなかなかそうはいきません。凶悪犯は日常茶飯事の行為のため、そのことに気づくこともなく、
『成績優秀なのになぜ社会は見放すんだ』
から
『自分ではなく社会が悪い』
になった瞬間、
『誰でもいいから殺す!!』
という方程式がなぜだかできてしまうのです。
『成績のつけ方が悪く本当は頭脳明晰じゃなかった』
となっていれば勿論凶悪犯になることはありませんが、社会人になってから、
『学歴』

『大きなストレス』
となって一生背負わされることになります。どちらが良いでしょうか。

・・・・・・・・

どちらも嫌ですよね。でもこれが進学重視型の勉強のなれの果てなのです。

 凶悪犯は@からCを全て行った上に、他人には決して理解されない不可解な方程式ができています。常識では考えられないほどのものが。それを常識人が議論しても解決策は決して出来ません。だからこそ今できることは、@からCを可能な限り避けることなのです。

 当教室に『ブラック企業』に関する悩みで相談される社会人の方もいます。その際、必ず学力と学歴のバランスを分析した上で面談をします。多くの場合は、
『学歴未満の学力しかない』
そのため、
・仕事のノルマを達成することが出来ない ⇒ 大きなストレス ⇒ ストレス障害 ⇒ 退社
の流れからその企業がブラック企業と呼ばれるようになっているのです。勿論すべての場合ではありませんが。自分の能力(これが学力)以上の仕事が出来ると入社試験で言ったその一言が原因で、企業側から見れば『迷惑行為』ですが、それを見抜けない企業にも原因はあるので致し方ない部分もあります。

 最後にもう一つ。今後はこの分野が原因で凶悪犯罪を起こすものがいるかも知れませんので、明記しておきます。

D 就職に有利だからという理由でインターンシップに参加する

 勘の鋭い方なら多分その理由はお分かりでしょう。

2014年5月4日 5時40分18秒 (Sun)

二院制から一院制に

 日本の二院制は必要ないと考える。ただし今の制度のまま一院制にしただけでは『数の論理』で押し通されてしまう。(合法的職権乱用)

 そこでこのようなことを考えた。

・閣議決定までの流れは与党のみで行い、国会の採決に関しては『野党のみ』で行う。

 こうすることで従来のような数の論理は通用しなくなるはずです。

 これに伴い、選挙システムも改正させる必要がある。下に示したのは私のアイデア。
@ 全国を300の選挙区(従来の衆議院の選挙区)に分割し小選挙制度で行う。
A @で落選した全候補者の中から得票数の多い候補者を上位200名当選させる。
B @で当選した最も得票数が少ない候補者とAで復活当選できなかったトップの候補者の得票数を比べ前者が少なかった場合、次の選挙では前者の選挙区は隣接する別の選挙区に吸収させるペナルティを行い、後者の選挙区を2つに分割する。以降@でn番目に得票数が少ない候補者とAで復活当選できなかった上位n位の候補者の得票数を比較し、同様の作業を前者が大きい数になるまで繰り返す。
C 得票率が90%以上の選挙区に関してはBは適用しない。

 こうすることで1票の価値は1.2倍程度まで少なくとも下がっていきます。得票数は少ない、得票率が低い。この両方を満たすようなところに施しを与える必要はありません。これこそ税金の無駄です。施しが欲しいのであれば、

『最低限、投票率を90%にしろ!!』

 このひと言で愚の根を言わせない。そういう政治が現在必要です。

2014年4月11日 16時12分02秒 (Fri)

auraからの挑戦状 解答

 前回の問題です。
4x^4−13x^3+28x^2−27x+18
を整数係数の範囲で因数分解しなさい。

 では正解です。
(x^2-2x+3)(4x^2-5x+6)

 パズルの要領で考えていけば、自然と正解にたどり着けたはずです。試行錯誤しながら考えてみましょう。


ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード