地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ブログ

2014年1月27日 14時21分50秒 (Mon)

2014年センター試験数学 講評5

 今回も2014年のセンター数学の講評をしていきます。今回は数学UBの第5問と第6問です。

 第5問

 数学Bとして出題される最後の統計問題だったので、少し難しくなると予想していましたが、良い形で裏切られた結果となりました。というか、
『問題作れないの?』
が率直の感想。過去のセンター試験の勉強をしていればサービス問題。(4)は例年と異なる形式ですが、さほど時間をかけなくても正解できる問題です。文系の受験生であれば、取ったもの勝ちという結果でした。

目標時間:(理) 8分
     (文) 12分
目標点数:(理) 20点
     (文) 14点

 第6問
 最後のコンピュータなので『難しくなる』予想でしたが、ただ面倒なだけ問題自体はやや易しい。しかしコンピュータがセンター試験に始めて出題されたときから比べればずいぶん難化はしています。しかしこのプログラムをA,Bの教科にしたことが結果として失敗だったかも知れません。授業でコンピュータを実施しない学校も少なくありません。
 過去のセンターでコンピュータを学習したことが1ヶ月程度あれば、あとは時間だけの問題になりますが、(理)なら20点は手堅い。(文)でも『センターだけ』という意味込みであるならば20点も夢ではなかった問題でした。学校の意地でわざわざ点数を失う必要は全くありません。

目標時間:(理) 15分
     (文) 20分
目標点数:(理) 20点
     (文) 20点

 ちなみに私は第3問と第5問を選択しました。結果は90点でした。久々に時間配分を間違えました。第5問の時点で残り5分を切るという、かなり珍しい状態になってしまいました。

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード