地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

療育

2017年6月18日 20時51分45秒 (Sun)

児童デイ&放課後デイ・・

この間上の子のママ友でもあり訪問ヘルパーをやっている友人に会いました。
とっても素敵な方で、子供の扱いとか超うまくて保育士さんみたい〜な友人です♪
障害児ちゃんたちにもとても理解があり・・・
最近、障害児ちゃんたちの支援の場で働きたいな・・と思って放課後デイの見学にいってきたそうです。

でも、偶然か・・いったところは
それでも管理者さんは比較的広いところだと言っていたけど、

お部屋一つに・・・
こどもたちが沢山いて、
ただ遊ばせている・・
って印象だったそうです。

確かに、今、デイってあちこちに増えていて、

きちんと目的をもってしっかりやってくれているところもあるけれども、
本当に
ただ遊ばせているだけ、預かりだけ・・
みたいなところも残念ながらあるのが事実。

あとはデイそれぞれに特色もあるので、
どんな子が多いのか
どういった療育や保育をしているのか、

利用を考えている場合はしっかりみてきいてみた方がよさそうですね。
あとは・・やはりみてくれる時間もそれぞれ違うので、仕事などをされている場合等特に、どうなのかな?とか送迎は??とかいったこともだし、長期休みのときと平常時で時間が違うか・・なども親側の事情としてはチェックポイント(笑)

私の印象では・・
地域差もあるかもしれないけど、
比較的発達障害系のお子さんのデイは沢山増えていて、
肢体ちゃんに対応してくれるところはちょっと出遅れてて、
医療ケアのある子に対応してくれるところはさらに出遅れていて・・・

あとは、
デイの職員の職種も、
リハ職や看護職がいるところはまだ少ない
印象です。

最近設置するのもいろいろな審査が少しずつ厳しくなってきてはいるようですが、
デイなど受給者証を利用するのは、保護者側はそんなに負担がなくて(上限額があるので)利用できるので日数も沢山入れられるし
デイ側は・・それなりに儲かる
というからくりがあって・・・
なので、
中には
あんまりハンデっこの療育っていう専門性に欠けるけどやっているところもあるようです。

これから利用考えておられる方は
いいところがみつかるといいですね!

そして私の友人も・・・納得できるところで楽しくはたらけるといいな!!


にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

2017年6月17日 17時16分22秒 (Sat)

STさんと・・・重心のお子さんへの学習支援、コミュニケーション

週末。みなさんいかがお過ごしですか??
今日は、知人のSTさんとちょっと話しました。
小児関連の言語についてが主な専門分野のSTさんです。

いろんな学校で、学習支援・・いろいろと工夫していたり、少しずついろんなことをやってくれるようになってきていますが、どうしても身体面のハンデが重いお子さんへの対応はまだまだ発展途上なのかなぁ・・・
理解がよくても身体面でのハンデが重いことからわかってもらえなかったり、なかなか対応してもらえない場合・・ってのもあるのは悲しいけど事実みたい。

そもそも、なぜか医療と教育ってなんとなく相容れない部分がある????
教育の場になかなかナースが入っていけなかったり・・・などの話も聞くことがあります。
管轄の役所が違うってのも若干ネックなのかもしれないけど、そんなことは私たちには関係ないし(笑)
医療分野では当たり前のことが教育現場に浸透していなかったりすることもまだまだあります。もちろんすごく先進的なことを取り入れている学校もあるので、その辺は言いきれないですが。

そんな話で・・
知人STは、教育の現場にいろんなことを伝えたい!!と言っていました。
もどかしいことが多いし・・って。
自分がみている患者さんでもそんな想いはよくあるそうです。
だから・・
じゃあやってみる???
なんて思わず言ったら・・
前に一度支援校で言語発達、構音、文字導入・・の話はすこししたことあるよって。
重心の子のコミュニケーションや、文字の導入・・なども伝えたい・・
といってました。

でも・・やはり、教育の現場、学校が、STを受け入れてくれるか???ってのもあるらしいです。

多職種がいろいろと知恵を出し合えるような、受け入れあえるような機会があるといいのに

と思いました。
そんな機会が作れたらいいです。
以前話した時はPTAの勉強会的な依頼で、そこで話すと必然的に先生たちも聞いてくれるから伝えたいことをちょっと伝えておいた・・みたい。

ココットの輪でも勉強会はやりたいね・・とおもっているのですが、支援者向けというよりは、お父さんお母さん向けなので、これはまたちょっと違うかな。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

2017年6月14日 18時55分28秒 (Wed)

社会に出て行くって・・・(大分先のことだけど)

6月なのに・・昨日、今日と寒いです・・・
昨日は寒い中息子の受診でした。学校のプールも始まる予定でしたが、気温が低いのでまだ。
夏までもう一息かな??

今日は息子が学校からもらってきた手紙で、中高生の大きな子たち向けの社会に出るための講座みたいな案内があったよ。
働くために身につけること・・などの話みたいです。
保護者も聞いていいらしいので、
ちょっと興味があるのでいけたらいってみようかな。自分自身に役立つこともいろいろありそうですwink
以前もしかしたらブログでも書いたかもしれないけど、前に私がとある心理士さんがいってた話でとても印象にのこっているのが・・
社会に出てうまく適応できる子は
「ありがとう」「すみません」「わからないから教えてください」
の三つが言える子だって。
これはすごく納得して・・自分が仕事をしているうえでもなるほどな〜と感じます。
大事なことって結構シンプルwink

もしも、↑の講座いってこれて、役立つことが聞けたらまたお役立ちブログででもアップしますね。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

2017年2月12日 18時17分35秒 (Sun)

べんきょうかい二日目(小児在宅移行)

とらママですnote
今日は小児の在宅移行の勉強会二日目でした・・・。
午後のワークショップは所用にて出れず、午前中の講義だけでしたが、
ポジショニングの実技、重症児についての講義
と、身近で入ってきやすいテーマでした(笑)
特に実技では、実際に自分が接することのある患者さんや、自分の息子や、お友達や・・・をイメージしながら聞いたのでとてもいい学びができたと思っています。
ココットの水泳のときの介助や体操・・・もイメージしながら確認&聞いちゃいました(^^)
一緒にいった同僚はそれぞれ、感覚統合の講義、呼吸リハの講義を聞いてきていて、その話もちらっと聞きましたがなかなかに興味深そうです。
感覚統合行ってきたPTは、全身を触ってボディーイメージをつくるってのが印象的だったと言っていました。たしかにそうですよね〜。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

2016年12月21日 21時56分50秒 (Wed)

リハグッズ試作

ココットの輪の子育て広場でやること案の、握るリハビリや感覚入力に役立つにぎにぎ的なおもちゃ?試作してみました。
風船に粘土、小豆、砂、小麦粉などを入れて制作。
今日は小豆バージョンををやってみたけえお、ちょっと入れる量が多かったかな。
あとは、かなりつぶつぶなので、ちょっと遊んだりはいいけど、
割れたり破けた時が悲しいことになる。。。

その意味では破けても比較的安心安全なのは粘土かなーーー

研究を重ねてみますーー

にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村


QRコード
携帯用QRコード

cocottoの輪スタッフの日常

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031