地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

目次

肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を
団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!
「お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!」
−収録・2008年7月19.20日、箱根千石原温泉みたけ旅館にて−


第1章
<息子 とにかく死ぬ前にしゃべっとけ>
<親父、裁判に10年以上費やす>
<親父、佐世保エンプラ事件で逮捕・起訴される>
<親父、「南回帰線」と苦闘する>
<当時の大人は分かっていた、ベトナム戦争はアメリカが悪い>
<アジア人、ベトナム、冷戦、パワーバランス>
<息子、イラク戦争は武器在庫消費のため>
<親父の両親、脱走米兵を隠匿す>
<親父、米軍病院に突入す>
<息子、三派全学連理解に困惑す>
<親父、内ゲバ最初期にテロられる>
<三派全学連崩壊から内ゲバへ>

第2章
<サブプライムは貧乏人相手の詐欺ビジネス>
<息子 結局アメリカも90年代の日本と同じことをやっている>
<親父 外務省日米安全保障条約課という日本の奥の院>
<親父 デジタルデバイドよりランゲージデバイドが問題>
<チワワからアニマルライトへ>
<親父 全共闘世代の責任を語る>

第3章
<親父 とにかく抜け出したかった故郷>
<親父 1965年日韓条約反対運動に参加する>
<親父の知る、ある野心とその敗退>
<1等親か2等親かの選択>
<フィクサー登場>
<帰化問題の解決>
<青年期にアイデンティティを問う>
<息子 結局は俺は俺だとアメリカで発見した>
<出社初日の行動でとことんいじめられた男>
<息子の受けたエチオピアン・ショック>

第4章
<息子 軍事費削減を力説>
<親父 ナチドイツ打倒の主力はソ連軍>
<親父 冷戦期の核戦略史を語る>
<日本だけが核攻撃を受けた単純な理由>
<日本の防衛予算は確かにムダ多すぎ>
<親父 アメリカは大成功した軍事国家>
<凡庸が支配した国、ソ連>
<凡庸の支配下でソ連システムが自壊>
<親父の大風呂敷、1789年、1917年、1989年>
<理性と欲望の戦い、そして欲望の勝利>
<親父がアングロサクソンを高く評価する理由>
<徴兵制と良心的兵役拒否>
<大英帝国、海軍による世界支配>
<日露戦争の本質は英国のアウトソーシング>
<1960年代後半は、1917年と1989年の交差点>
<ノンセクトでLV闘争委員会を組織>
<バリケードの中でマージャンを>
<極「左」トロツキストと極左暴力学生>
<息子 現場か管理者か、それが問題だ>

第5章
<青年がコミュニズムに向かった時代があった>
<コミュニズムの残照、1960年代>
<全共闘の仮想敵は統治のシステム>
<異議を受け付けない権力は必ず腐敗する>
<1968年春、赤坂警察署の夜は更けゆく>
<若き警察官と若き学生の問答>
<階層を映し出す、全共闘、機動隊、民青>
<強大な敵を前に権力を争う、それが政治>
<スーパーキャピタリズムは新しい中世?>
<セーフティネットは誰が張るのか>

第6章
<戦争から生みだされたロシア革命>
<歴史は地殻変動で動く、黒人の場合>
<大学受験の内申書を書いてもらえなかった親父の奥さん>
<息子 現代はチャンスがいっぱいの格差社会>
<必要なのは国家のリストラ>
<公務員セクターとメディアの一体的キャンペーン>
<全共闘が戦ったシステムとは>
<プロジェクトXというナツメロ>
<親父コミューンで暮らす>
<ヒッピーから社長に>

第7章
<全共闘は国際的広がりを持った運動だった>
<ドント・トラスト・オーバー・サーティズ>
<ガキの運動としての全共闘>
<バリケードのなかで読んだハイデガー>
<生死を掛けるハイデガーとブッダ>
<カトリックのカテキズムの厳密さ>
<余りにもチープだった統一教会の合宿>
<振込詐欺は世代間の所得移転?>
<家庭崩壊かつ順法精神のない被害者>
<脳死のフリをしていると脳死する>
<事あれかし主義>
<息子−親父に似てきて俺はやばい>

第八章
<息子 日本の受験から逃げてアメリカで猛勉強>
<息子 大学はアメリカが圧倒的に優れている>
<息子、就職に挫折、格差社会の最下層暮らし>
<息子、ジョブホッパーとなり給料2倍以上に>
<外資の厳しさ、日系の馬鹿馬鹿しさ>
<息子はハゲタカ資本主義と精神世界をどう結合させるのか?>



親父
1946年 岐阜県生まれ
1965年 県立岐阜高校卒業
1965年 東京大学教養学部文科3類入学
1669年 同大学中退
その後主として文筆関連業に従事して今日に至る。
息子
1974年 東京都生まれ
1993年 東京都立国立高校卒業
1994年 米国ウェストバージニア州立大学入学
1998年 米国ニューヨーク州立大学卒業
1998年 日系企業に現地採用で入社、米国CPA資格を取得
2003年 帰国、米国系IT関連企業に就職
2005年 フランス系化学関連企業に転職
2007年 米国系ヘッジファンドに転職
2009年 日系企業の欧州法人に勤務 現在ドイツ滞在中
手術結果
親父、2008年8月 肺がん手術
右肺上葉を切除。腫瘍の大きさは長径68ミリと大きかったが、浸潤・転移なし。2010年8月現在転移・再発せず。生存中。

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数