地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年04月 のアーカイブ

2011年4月25日 20時31分19秒 (Mon)

お節介 (^u^)

お節介 (^u^)画像 ツアーでは、どうしても自分の好みは封印しなければならない不自由さがついて回るので、今回も一人旅を選んで歩いてきたが、頼んだ個人ドライバーさんがお節介気味で辟易するところがあったけど、話していれば大変面白い方。

私がカメラを向けると、サッと寄り添って、「撮りましょう」とカメラを奪って私を撮ってくれるのはちょっと鬱陶しい。

私は風景を狙っているのに、一人では自分を撮影出来ないであろうという配慮からと思うけど、そのため、数多くの写真もこの私が顔を出している始末(^u^)

ドライバーさんがいうには、初め上司から頼まれた時には、どんな女性が来るのかと心配だったとか、しかも一人と聞いてビビっていたとか、でも、優しい人でよかったとか、すごく饒舌で、助手席に座って、まるで恋人気取りで会話も弾み楽しいものだった。

東尋坊、七尾、和倉、能登島、能登半島と周遊形式で移動
能登半島の最先端の珠洲岬までは行くことができずちょっと心残りではあったけど、一応石川を網羅できたのではないかと満足な旅であった。

前評判の良かった能登島の「ひょっこり温泉・島の湯」は湯質はすごくしょっぱく源泉であることは良かったけど、眺めは垣根で遮られていたため、満足度は半減(^u^)

海岸では、大きな貝殻も手に入れたし、人慣れしていない海鳥と戯れたりで気持ちもすっきり、こんなところで毎日散歩出来たらさぞ素晴らしいだろうと、しかし、冬は厳冬でその厳しさは大変なもののようだ。
それに耐えることができれば、定年後の移住は良いかもしれない土地かしら。

ネットで調べれば何でもわかる時代ではあるが、自分の目で足で実際に回るのもこれが最後かな〜、出来れば四国一周もしてみたいと企んではいるのだが、無理かもしないな(^u^)

今後の旅はやはりツアーでしか楽しめないかも(^u^)
出来るだけ頑張るつもりではいるのだが、今回のこともあり、自信過剰は危ない、あぶない。
息子の言うとおりに、おとなしくするのが賢明かも知れないな(^u^)






2011年4月24日 22時09分17秒 (Sun)

金沢一人旅

金沢一人旅画像 念願の金沢を一人で歩いてきた。
まず初めは福井の東尋坊から始まり、終わりは能登
何処も初めての足跡なので、新鮮そのもので、目の保養にはよかった。

海なし県であるがため、海岸線を歩くのは楽しい。
渚ロードなるところを車から降りて歩いていると、300メートル先の海中から「すずき」がジャンプする様はすごい迫力だ。

それも一匹だけでなく、何匹もが競ってジャンプするのだから、キャーキャー子供みたいに楽しんでいた自分(^u^)

金沢テルメ、和倉温泉を起点に個人ドライバーさんには本当にお世話になってしまった。

自分の不注意からちょっとしたことがあり、ホテルの方々にも心配していただいたりと、本当に申し訳なかったけど、自分としては楽しく金沢を歩けたと思っている。

そのちょっとしたことだが、夕食の後少し体がおかしいな〜とは、思いながらもお風呂から上がったが、あまりの激しいめまいに襲われ、こんな激しいめまいは初めてのことで、なにか大きな病気の前触れかと心配の上、ホテルに頼んで夜間診療のある病院に駆けつけたら、末梢性の貧血とかで、きつい下着で体をまとっていたため、その結果であるとのことで、結局点滴を一時間してもらい、ホテルに帰った。

翌朝はケロッとして収まったため、その後は予定通りの日程をこなして、帰りは、大事を取って小松空港から帰ってきた。

やはり補正下着を着けたままで、長い間車に乗っていたことが悪かった。
自分ながら情けないハプニングであった。

若い医師からは、その下着では無理ですよ。
軽く身を包む物に替えて、旅を楽しんでくださいと言われてしまい苦笑するしかなかった。

でも、無事に帰宅できて笑い話としてこうして書くことができたのだから、よしとしましょう(^u^)

とんでもない金沢一人旅となってしまったが、記憶にと止められそうだ。

2011年4月6日 15時21分36秒 (Wed)

初夏のような

初夏のような画像 朝のうちはちょっと寒さを覚えたが、日中はまるで初夏のような陽気。
上着も脱ぎ捨ててシャカシャカと歩いてみたい衝動に駆られて、先日買ってきたウォーキング用の足を引き締めるタイツのような下着??をはいていざ出陣(^u^)

きちっと身が引き締まるような履き心地で進める足も軽やかだ。
これなら気持ちよいぞと、ちょっと遠くを目指してあるく。

関越高速道の土手は昨年末に公団の職員により刈り取られているので、眺めもよい、ひょぃと土手をみると、なんとまぁ〜かわいい「蕨」があちこちに顔を出している。

金網の向こう側なので摘むことはできないが、ざっと数えてみるだけで20数本はあるだろうか・・・。
採りたいな〜の気持ちも最高となるが、ここは我慢するしかない(^u^)

ほどなく歩くと、個人のお庭で錦鯉を飼っているお宅の前に出る。
この道は初めてで、その鯉の素晴らしさに見惚れる
極々小さな池ではあるが、錦鯉は15匹ほど・・・

この冬をどのように過ごしてきたのだろうと、その飼育の難しさを考えてしまう。
これほどの錦鯉を飼うとは、相当なもの好き、お金持ちかな(^u^)

その昔、あの有名な田中真紀子議員のお父様、田中角栄のお宅で餌をやる姿が思い出される。
そこで手をパンパンとそっと叩いてみたが、こちらには見向きもせず・・・
あったりまえか (o^−^o) うふっ♪

あまりの暑さに途中の喫茶店ではアイスコーヒーを頼む有様
これほどの陽気では、桜も今週末で終わりだろうか。

被災地にとっては良いことかもしれないが、まだ見つからない遺体の痛みはひどくなるのではと心配もでてくる。
被災地を歩いた人の話では、何とも言えない臭いが蔓延していたというけど、現場の皆様には本当に申し訳ないほどの好天

歩数はなんと1万3千歩
良い運動となりました(^u^)
こんばんはぐっすり眠れるでしょう

2011年4月5日 14時40分22秒 (Tue)

71回目の誕生日も過ぎて

71回目の誕生日も過ぎて画像 朝から友人より花束が届いたり、お昼をともにとの誘いがあり、嬉しい悲鳴を上げた昨日は少々疲れたのか、今朝起きた時、時計を見たら12時ちかく、へぇ〜と飛び起きてよ〜く確認したら8時くらい、長短の針の見間違い(^u^)

計画停電もこのところなく、天気も上々でコーヒー一杯飲んで、近くの散歩コースの桜見物に行くが、まだまだサクラは5分咲き。

今週末頃が見頃かもしれないが、それでも親子ずれ、老夫婦のカップルとビニールシートの上で楽しい時を過ごしていた。

きのうは友の誘いで、ちょっと豪華なランチをいただいたので、きょうの散歩のときの昼食は簡単で、安い物をスーパーの食事スペースで親子ずれをウォッチングしながらの食事としたが、朝はコーヒー一杯で出てきたためか、おなかがすいていたためか、298円のお弁当も大変おいしくいただけた(^u^)

帰宅したら大槌の友からながいなが〜い FAXが入っていて、ようやく水道もガスも電気も復旧して、普通の生活を取り戻しつつあるので、安心してほしいとのことでようやくホッとした。

これで、私自身の今回の東日本大震災の後始末は終わったと自負しているが、まだまだ不自由している方々もいることを忘れてはならないと思う。

いつもならシイタケなど日本産は中国産よりも高めだが、きょうの売り場では群馬産がすごく安く売られていてビックリ、ならばと3パックほど購入してきたが、放射能などまったく意に介していないので、こんばんはこれでおいしい料理でも作りましょう。

群馬、栃木、茨城、埼玉の農家の野菜などは積極的に購入してゆきたいと思っている。しかし、売り場を見回すと、震災前の値段をはるかに下回っていることに少なからず農家の皆様の嘆きが聞こえてくるようで・・・。
早く放射能の垂れ流しの後始末をと願っている。




2011年4月2日 21時11分48秒 (Sat)

そして一人旅

そして一人旅画像 東日本大震災当時はどこのテレビ局も同じ内容の放送であったが、3週間も過ぎた今は通常の番組となりつつある。

震災以来日記も短歌も気持ちが乗らず、更新もしないままであり、やはり自分の気持ちも被災者の今後のことが気になっていたのだろうか。

大槌の知人には自分用に買い込んだ品々を送ってあげたけど、通常は2日で届くところが、5日ほどかかったらしい。

さて、自分もここいらで自分の楽しみに走っても許されるかなと、かねてから行ってみたいと思っていた、金沢ブラブラあるき、行きあたりばったりの旅を計画していて、毎日地図とパソコンであちこち調べている。
どんな旅となるのかもわからないが、4月中旬には一応一週間の往復切符で出かけるけど、帰りのバスは一回だけ変更可能なので、早めに切り上げて帰宅もあるかな〜と、本当に無計画な独り歩きを楽しみにしている。
さて、結果は吉とでるか、凶と出るかで、緻密な下準備に徹することにしよう。



プロフィール

プロフィール画像
お散歩
どこにでもいる
飾り気のない、心の丸い
昭和15年生まれのおばさんです。
70歳の時、古希記念してここに開設しました。
貧弱な部屋ですが、ごゆっくりと(*^_^*)

PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村

写真短歌その1

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数