地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

観戦日記

2017年9月24日 0時00分00秒 (Sun)

NAHA BATTLE FESTA 2017

今年も国際通りにある那覇市ぶんかテンブス館ホールで行われました
「NAHA BATTLE FESTA 2017」

今回は藤田ミノル選手と大日本プロレスから県出身の佐久田俊行選手をゲストに迎えての全4試合。

4試合それぞれが全くアジの違うバリエーションで飽きない。
いや、観客を飽きさせない試合ばかり。
思い返してみても全試合すごかったなぁと、プロレスファンとして素直に思える大会でした。

第1試合では地元沖縄を出て大日本プロレスに飛び込んだ佐久田選手と、地元山口を出て琉球ドラゴンに飛び込んだシークヮーサー☆Z選手の境遇の似た者同士の若いファイトある熱血試合。

第2試合では琉王次期挑戦者の美ら海セイバー選手に激しく向かっていく首里ジョー選手。
メインと言ってもおかしくない目まぐるしくも展開の予測できない激しく熱い試合。

セミファイナルではMAD DOG CLUBとそのMDCに強い対抗意識を燃やすウルトラソーキ選手とティーダヒート選手。
この日1番の大きな騒めきが起きた。
これからの団体の試合の行方をも変えていくかもしれないティーダヒート選手のMDC加入。
子供のファンが多いティーダ選手のMDC加入は子供達にとって衝撃はとても大きいようで
「ティーダやめてー!」
というチビっ子の声が今でも忘れない。

最後はポークたま子選手のひと声がキッカケで決まったメインイベント。
安定の内容と安定の面白さと安定の試合展開と安定のハプニング。

みんな大好きスーパーマンタロウ選手がいて、そのマンタロウ選手を最高に面白く活かしてくれるハイビスカスみぃ選手とグルクンマスク選手がいて。
それに対抗するマンタロウ選手に勝つ気満々のポークたま子選手にたま子選手大好き藤田ミノル選手となぜか巻き込まれた感のヒージャー・キッドマン選手がいて。
もう選手の名前を聞いただけで楽しみでゾクゾクするじゃないですか!
そして今回の試合ではマンタロウ選手にも負けず劣らずたま子選手の面白さが際立ちました。
その選手の楽しさ面白さが見える味わえる試合というのは、やっぱりそれを活かしてくれる選手がいるかいないかでも変わってきますね。
それを含めてメインの6人タッグマッチは最高に面白く楽しく、そしてなぜか幸せな気持ちにさせてくれる素敵な試合でした。

そして大会の〆の挨拶はみんな大好きマンタロウ選手。
観客だけじゃなく他の選手のみなさんも会場にいる全員が自然と笑顔になるという時間。
そこにいるだけで幸せ感をもらえるというか、周りを自然と笑顔にしてしまうという天性の持ち主なのでしょうね。

そしてみんな思うのです。
「マンタロウ、帰ってこないかなぁ」

2017年8月20日 0時00分00秒 (Sun)

KOZA BATTLE FESTA 2017

行ってきました、コザバトルフェスタ!
開場前から、長蛇の列、列!!

何故か観戦する側も緊張しちゃってました。。
(私だけかも?笑)


グルクンさんの前説から始まり、
まずは第1試合。
シークヮーサー☆Z
vs
ヒージャー・キッドマン

フレッシュで可愛さも感じる両選手。
子供の声援も多く感じました!
どんどん魅せる技が増えているヒージャー選手
技が決まるたびに歓声が上がります♪

Z選手は、デビューしてまだ1ヶ月半。
リング上での緊張感がこちらにも伝わって来ます。
そんな中、応戦しましたが
先輩のヒージャー選手のペースは中々崩せず
そのまま3カウントでヒージャー選手の勝利!


第2試合
ポークたま子
グルクンマスク
vs
怨霊
松山みゆき

私は怨霊選手も松山みゆき選手も、
初見だったのです。
いやーもう、とにかく松山みゆき選手が怖すぎた。。。
観ていく内に、怖いもの見たさと言いますか、
気が付いたら目で追ってる、という状態でした。

そして怨霊選手。
エクトプラズム大放出!
不思議といい匂いなんですね、エクトプラズム…
怖さよりも、かっこよくて妖艶な雰囲気に虜になった女子続出です!

しかしそこは琉ドラ勢も負けていませんよ!
いつもはポンポンを持って入場するたま子選手
この日その手に持っていたのは塩!笑
怨霊選手と松山みゆき選手に塩は効くのか!?

グルクン選手も、中盤コントの様な闘いになったり
場外に逃げ惑ったり、たま子選手を盾にしたり(笑)

笑いやら恐怖やら技の見せ場やら、
とにかく色々溢れ出していた試合でした。


第三試合
惡王 KAZUYA
ウルトラソーキ
美ら海セイバー
vs
”MAD DOG CLUB”
RYUKYU-DOG Dingo
Ben McCoy
Yanni Gianos

1ヶ月程前、突然反旗を翻し
自身のユニットを作ると宣言したディンゴ選手
仲間を引き連れ、コザの地に参上!
対するは、連日怒りを露わにしていたウルトラソーキ選手
強力な味方、美ら海セイバー選手と新台湾プロレス所属 KAZUYA選手!

琉ドラに新たな旋風を巻き起こしたMDC
好き放題暴れまくります。
しかしそれを一番許せないソーキ選手
持ち味のパワーで蹴散らします!

KAZUYA選手もセイバー選手も応じます。
多彩な技を繰り出し、熱い闘いが繰り広げられます
どちらが勝つのか全然予想もつかない中
勝敗を決めたのはセイバー選手!

勝利チームが歓喜する中
突然現れた人物も加わり、MDC勢がソーキ選手に攻撃!
正直、会場中が『誰?!』となった人物
なんと4人目のMDCのメンバー!

これからどうなっていくのか!?


休憩をはさみ、セミファイナル
首里ジョーvs鈴木みのる

毎回ビッグマッチのカードはどれも凄いカードですが、
このカードもまた、大注目なカードではないでしょうか。
前回参戦した際は、タッグマッチだった鈴木みのる選手
今回はシングル、しかも他団体への参戦も増え、注目を浴びている首里ジョー選手との闘い。

メインでもおかしくないこの試合がセミファイナル。
冷静になって振り返り、本当に贅沢な空間に居れたんだなぁ、と。

序盤から終盤まで、観てる方も手に汗握ると言いますか…
ものすごい緊張感でいっぱいでした!
ジョー選手はどんな相手でも全く怯まない!遠慮なし!
(私の目にはそう映りました)
しかし”鈴木みのる”は、やはり凄い。
どんなに攻撃されても冷静に、そして確実に相手を倒す…
そんな印象でした。

特に、目が。
終始鋭い眼光でした。


いよいよメイン。
〈琉王〉
ビリーケン・キッド
vs
〈挑戦者〉
ティーダヒート

琉球ドラゴンプロレスが誇る琉王の称号
3代目はプロレスリングアンサー代表
ビリーケン・キッド選手
悔しいけれど、ビリー選手の腰にもよく似合う琉王のベルト。
でも!そのベルトは琉球ドラゴンプロレスのモノ!
是非とも!ティーダ選手に取り返して頂きたい。

沢山の紙テープが舞い、ニューマスクとニューコスチュームを身にまとい
きっとテンションも最高潮だったのではないでしょうか。
立ち上がりは静かに、相手の様子をお互い伺っている様子
徐々に間合いを詰め寄って行きます。

緊張感も勿論あったのですが、ティーダ選手の持ち味といいますか
楽しそうに試合をしてる様に見えるんです。
(勿論良い意味です!)
相手が誰であれ、スタイルを崩さない。
でも今回のこの試合、これまでとは違うティーダ選手を見れた気がします!

掟破りな、ビリー選手の得意技を出したり。
強烈な技を食らい、フラフラになりながらも返す姿には、涙するファンの姿も。
(私も泣きました)

結果は残念ながらベルトは奪還とはなりませんでしたが、
とてもいい試合が観れました!!

その後のビリーさんの真剣で、けれどお茶目!?なパイクパフォーマンスも最高でした♪

そしてなんと!
次期挑戦者に美ら海セイバー選手が名乗りを上げ、
年間最大のビッグマッチ『ドラゴンチャンプルー』にて対戦することが決定!!

4代目琉王の誕生となるか!?
2度目の防衛成功となるのか!?

是非!会場でその瞬間を見届けましょう!!

あっ!勿論!
セイバーさんの勝利を信じております!!


アキでした♪



2017年8月3日 0時00分00秒 (Thu)

群雄割拠 其の一

『プロレス戦国時代 群雄割拠 其の一』の開催を知った時の驚きとワクワク感が凄かったのを思い出す。

プロレスリングフリーダムズの殿こと佐々木貴選手プロデュースで確かコンセプトが、日本全国のローカルプロレス団体を後楽園ホールに集結させて、沢山のプロレスファンや東京のプロレスファン、そしてメディアの皆さんにどこの団体が1番面白いか見てもらって、そこから新たなスターを誕生させようじゃないか!
というような感じでした。

発表から日にちが経つにつれて参加団体が増える増えるで、琉球ドラゴン参戦するしフリーダムズだし、見たことない団体が1度にいっぱい見れるしで東京へ行く決意をしたのでした。
だって!
後楽園に横断幕張りたかったから!

当日、会場では終始入口からグッズ売店に沢山の人がごった返していて、人を避けて歩くのに精一杯。
琉球ドラゴンの売店に行くのにも大変でした。

その日は開場した瞬間からお祭り状態で2階には色んな選手の沢山の横断幕が張られ、その中には私が沖縄から大切な想いと一緒にお預かりして持参した3枚も。
グルクンさんとセイバーさんとティーダさん3選手の横断幕を張れたのは本当に嬉しかった。本当に!
正直、ここで大きな任務を果たした気持ちでもいた(笑)

いやでもやっぱり楽しみは試合です。
私が初めて見る団体や選手にワクワクドキドキするのと同じように、琉球ドラゴンを初めて見る人はどれだけいるのか、そしてどういう反応をするのかというのも私の1つの楽しみでもありました。
会場の反応の楽しみが大きくて、琉球ドラゴンの選手が入場してきた時は写真とっては手拍子しては周りの反応を観察してしまいました。
そしたらそれはもうひと際大きい拍手と歓声で迎えられた琉球ドラゴンの選手の皆さん。
これはお世辞でも何でもなく、ファンだからというひいき目線だからでもなく、あの会場にいた私が感動に震え後楽園ホールのあの大歓声のなか琉球ドラゴンの選手が入場しコールされる瞬間を声も出せずただただ見つめてしまうほどに凄かった。

それはもう沖縄だけの琉球ドラゴンプロレスじゃないんだと、しっかりと沖縄発信で全国に知られつつある団体の琉球ドラゴンプロレスなんだと確信した瞬間でもありました。

地元に根付くプロレス
地域密着型プロレス
ローカルプロレスと言われる団体ならではの良さの1つでもある、身近な存在。
でもやっぱり応援している団体は沢山の人に知ってもらいたいし、見てもらいたいとも思うし、全国的にも有名にもなってもらいたいとも思う。
その反面、名前が売れれば売れるほど遠い存在になっていくようで正直淋しくも思ったりもする。
でもそんな時は「これが!私が世界で1番大好きで1番の自慢の琉球ドラゴンプロレスなんだよ!」って自慢する事にする。

世界で1番大好きだから。

2017年7月2日 0時00分00秒 (Sun)

かでなプロレス祭り2017

約1年ぶりの『かでなプロレス祭り』
琉球ドラゴンプロレスとプロレスリングフリーダムズとの団体対抗戦
去年もそうでしたが団体対抗戦というだけあって、会場が大きな大きな声援と歓声で包まれていました。
やっぱり選手を応援する声が多いと自然と気持ちもどんどん上がり、負けないくらい応援しようと更に声が大きくなり、そして興奮度がどんどん増して更に盛り上がるという相乗効果。
久しぶりに無意識に大きな声を出して応援したなぁと
それだけ楽しかったし楽しめたし、とにかく!最高の1日でした。

第1試合にはこの日デビューの"シークァーサー☆Z"
ベテランのディンゴ選手のタッグパートナーとして、FREEDOMSのGENTARO選手とドラゴンリブレ選手とのタッグマッチという贅沢なデビュー戦。
デビュー戦はどことなく温かく見守ってしまう所があるのですが、今回は応援に「いけ、いけー!おら、おらー!」的な気持ちが入っていたのはFREEDOMSとの対抗戦だったからなのか…
試合はシークァーサー☆ZがGENTARO選手に取られはしましたが、GENTARO選手にいい試合をさせてもらえたんじゃないかと思います。
シークァーサー☆Z選手のプロレスラーとしての成長と、そしてマスクとコスチュームの進化が楽しみでなりません。

第2試合には今勢いのある首里ジョー選手とFREEDOMSからビオレント・ジャック選手のシングルマッチ。
2人がリングに上がった時の雰囲気というか、空気感というか。
全く違うようなのに2人が対峙した瞬間にひとつになる感覚がしました。
だから見ていてコレは面白いと期待感しかなかった。
押され気味のジョー選手も挽回はするも関節技で滅多にしないギブアップ。
いつもは試合後に相手選手から手を差し伸べられてもその手を払いのけるジョー選手ですが、ジャック選手の突き出した握り拳に自ら拳を合わせるジョー選手の姿は印象的でした。

第3試合は一体どうなるのか想像がつくような、つかないような
我らが女子レスラーハイビスカスみぃ選手とポークたま子選手のタッグチームの対戦相手に選ばれたのがFREEDOMSのタッグチャンピオンでもあるマンモス佐々木選手と杉浦透選手。
あの大きな大きな体のマンモさんが小さくてカワイイ2人の女子レスラーをどう料理するのか、というワクワク感でいっぱいでした。
試合中、目尻の下がった優しいお父さんのような笑顔で試合をするマンモさんが印象的すぎて、女性ファンの心を鷲掴みにしたのは間違いないでしょう。

団体対抗戦も最高潮
メインイベントはオーバーザトップロープを採用しての5vs5イリミネーションマッチ
FREEDOMSといえば場外での大暴れ
試合開始と同時に10人全員が場外乱闘を始め、ほとんどのお客さんが座っていられずに立ったままあっち見たりこっち見たりと大忙しの大興奮。
試合は残った殿をオーバーザトップロープでティーダが勝ち残り琉ドラ勢の勝利となりましたが、正直私の中では不完全燃焼でした。
なぜなら、グルクンさんの試合をもっと見たかったからです!
もっと言えばグルクンさんと葛西さんの試合がもっと見たかったのです!
お二人共、オーバーザトップロープであっという間にリングアウトしてしまいまして…とてもとても、それは残念無念。
いやーーもっと見ていたかった!

もっと見たい!また見たい!って思える。
だからプロレスはやめられないんですよね。
やめられないどころか、どんどんハマっていく。
そう思わせてくれる団体、選手に出会えたから私はラッキーなんだと思います。
毎回、毎試合思うのですが
プロレスを好きで良かった。

2017年4月23日 0時00分00秒 (Sun)

旗揚げ4周年記念大会

今年も豪華なゲスト選手を迎え
待望の新人女子選手のデビュー
メインには琉王決定戦
全5試合
息つく暇もないほどの時間でした。

旗揚げ記念大会といえば
恒例となりました嘉手納町長の御挨拶から始まり
そして今年は
クラウドファンディングを達成し実現した"きいやま商店"さんによる団体テーマソングのお披露目
ファンの私達も大好きな団体のテーマソングが聞ける日をとても楽しみにしていたのはもちろんですが、団体のためにこの日の為に忙しいなかコツコツと活動してきたグルクンさんの喜びは何倍も大きかったのだと思います。
歌の後にグルクンさんは喜びと感謝を涙ながらに伝えていました。
きっと歌を聞きながらも涙をながしていたのかもしれません。
そんなグルクンさんを見てもらい泣きする人が続出ですよ!

そして第1試合には師弟対決
タイフーンJリック
ティーダヒート
vs
スーパーマンタロウ
ウルトラソーキ
強さとスピードと笑いと楽しさが入り混じり選手もお客さんも終始笑顔

第2試合は新人女子デビュー戦
ハイビスカスみぃ
vs
ポークたま子
当日のパンフレットで新人選手の名前を知る私達
色んな意味で衝撃的な名前ですが沖縄らしいさ満載◎
試合では大先輩であるみぃ選手に全く怯むことなく向かっていくたま子選手に涙なくては見ることはできませんでした。
「うあー!!」と声をあげながら向かっていく姿は、まだまだ荒削りだけどとてもたくましく眩しかった。
これからどう進化していくのがとても楽しみです。

第3試合
藤田ミノル
vs
首里ジョー
琉ドラに参戦するお陰で初めて見る選手も多く、そしてみんな大好きになってしまうというパターン
藤田ミノル選手もその1人
ジョー選手とゴツゴツの試合を見せてくれた藤田選手は終わりにジョー選手に向けて
「お前すげーな!もうお前とは試合したくねーからよ!」
コレって物凄い褒め言葉じゃないですか?
そう思わせた首里ジョー選手
さすがだと思います!

セミファイナル
美ら海セイバー
ヒージャー・キッドマン
vs
佐々木貴
ドラゴンリブレ
みんなの殿!佐々木貴選手が今回も来てくれましたー!
みんな大好きドラゴンリブレ選手を引き連れて
殿といえば場外乱闘
今回も激しく荒々しくやってくれました。
が、しかし!なんと!
我らがヒージャー・キッドマン選手が3カウント取ったのです!
初なのです!
カウントスリーの瞬間この日1番の歓声が湧き起こりました。
すごく!すごく!嬉しかった!

メインイベント
御万人王座「琉王」選手権試合
(王者)RYUKYU-DOGディンゴ
vs
(挑戦者)ビリーケンキッド

ディンゴ選手2度目の防衛ならず
ビリーケンキッド選手が第3代琉王へ
とうとう琉王のベルトが団体外へ
スリーカウントの瞬間、会場内は歓声とため息と悲鳴と…なんとも言えない感情
ベルトが団体外へいくということは悔しかったり、残念だったり
でもそれがビリーさんであるということ。
だってみんなビリーさんも大好きだから。
逆にビリーさんだから良かったのかもしれない。

これからはビリーさんの持つ琉王のベルトを取り返すために、団体で奮起してまた更に面白くそしてまた更に見逃せなくなりますね。
これこそ私の大好きな琉球ドラゴンプロレスリングなのです!

byよっしぃ


プロフィール

琉ドラ女子部
沖縄に拠点おく琉球ドラゴンプロレスリングを熱く熱く応援しています。
私達、琉ドラ女子部です!
アキ
琉球ドラゴンプロレスは、元気が貰えるビタミン剤!!
ストレス解消&癒しはプロレス観戦!!
Twitter→@aki1832
ユキ
強くてかわいいハイビスカスみぃちゃんが大好き♪
琉球ドラゴンプロレスを全国に広めるぞ〜!!
Twitter→@yuki_ritoma
よっしぃ
琉球ドラゴンの楽しい試合と熱い闘い、そしてグルクンマスク選手の熱い想いに惚れてます。
部長やってます♪
Twitter→@yoyosshiii1

観戦日記

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数