地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ジャズ

2017年7月7日 21時42分11秒 (Fri)

ジャズ・インプロビゼーションの教科書

ジャズ・インプロビゼーションの教科書 画像 言い忘れていたが、今年からジャズ・フルートのレッスンに通っている。加えて個人練習の時間も増やし、充実した時間を過ごしている。
レッスンの主な内容は以下の通り。

@スタンダード曲のコード分析(U-X-Tその他)を行い、楽曲全体の雰囲気を掴む。
A@を踏まえてコード進行にあったアドリブを考え、演奏&記譜する。
BAで記譜したものを先生に見せ、必要な部分を修正し、ピアノと共に演奏する。
CBを省みながら新たにアドリブを考える。

大体このような内容である。
Aでは、調性やコードよりも旋法(モード)やリズムが重視される楽曲についてはアドリブは記譜しない。ひたすら伴奏に合わせてモードのアドリブを工夫し、次回のレッスンに備える。最近課題曲になった「Aflo Blue」などはこの方法で練習する。

そこで、コード&モードを学習するのに便利なテキストが『ジャズ・インプロビゼーションの教科書 その理論的な背景と実践的なエクササイズ (CD2枚付)』だ。各モードについて簡潔に説明をしてくれている上、12Keyで練習できるマイナス・ワンCDも付いている。各モードだけでなく、ジャズで多用されるコード進行の練習もできる。
私はコードについてまだまだ習熟できていないが、この本が非常に有用だということが理解できる程度には音楽の実力は向上したと思う。
ポイントは「自分で」何通りものフレーズを作り、それをすべてのKeyで練習することだと思う。既成のフレーズを練習するよりも、自分でその都度作ったフレーズを練習する方が応用力は高い。

仕事が忙しくなって練習時間が脅かされてはいるが、何かに夢中になれる素晴らしさを少しでも長く味わいたい。

2017年4月4日 13時10分09秒 (Tue)

カマシ・ワシントン

カマシ・ワシントン画像 昨今のジャズ界で最も注目を浴びているアーティストの一人、カマシ・ワシントン(sax)の『THE EPIC』(2015)を購入。
「32名の音楽家が参加し、20名のコーラスが彩る総収録分数172分の超大作」の3枚組。ダイナミックでスリリングな構成の楽曲が多く、間延びすることなく3枚一気に聞かせてくれる。
まぎれもないジャズ作品だが、ジャズ・ロック作品として受け止めるのも有りだと思う。キング・クリムゾンやソフト・マシーン、ハットフィールド・アンド・ザ・ノースが好きだという人にも薦めたい。

この作品を聞いて何よりも感じたことは、「ジャズは現在進行形の音楽」だということだ。
ジャズは過去の遺物でもなければ懐古趣味のためのアイテムでもない、というシンプルな事実。
ライナーに掲載されていたワシントン自身の以下の言葉は印象的だ。

「我々の世代のジャズ・ミュージシャンは、ジャズにフィットしないんだ。俺たちがやっている音楽にジャズ・クラブはふさわしくない。」

私はワシントンとほぼ同世代だが、言いたいことはなんとなくわかる。
それぞれの世代には、それぞれの世代(時代)の創意とでもいうべきものが存在している。
それはすべてのアートにとって避けられない現実。
クラシック音楽においてさえそうである。

たとえばバッハの「ブランデンブルク協奏曲」。
パイヤール室内管弦楽団によって演奏され、1973年6月に録音されたゴージャスな作品と、21世紀に入ってから流行が拡大した、古楽器による演奏にこだわった質素な作品(フライブルクやベルリン古楽アカデミー等)。
どちらもその時代の音である。どちらが正しいなどというのは愚問である。
強いて言うなら私は前者の方を愛聴している。これぞブランデンブルク協奏曲、という気がする。
ぶっちゃけ、バッハが生きていた当時に現代に流通している楽器やコンサート会場があったら、バッハは間違いなくそっち使ったんじゃないかな。
そもそも「古楽器の演奏」と一口にいっても、バッハが生きていた当時と半世紀前と21世紀の現代とではそれぞれに聞こえるものが異なると思う。
もうそろそろ古楽器ブームも陰りが見え始めてはいるが・・・。

もしもジャズが一過性の産物にすぎないのでなければ、ジャズもまた時代とともに変化していくのだ。
現在(いま)を奏で、現在に奏でられてこその音楽である。
現在をスウィングしよう!



2017年3月3日 17時05分08秒 (Fri)

練習曲をアップ! 「SUMMER TIME」

練習曲をアップ! 「SUMMER TIME」画像 久しぶりに動画のアップ。
ジャズ・フルートの練習曲「SUMMER TIME」。スタンダード・オブ・スタンダーズの曲。
『ジャズ・スタンダード・バイブル』付属のCDにはこの曲の伴奏が含まれており、最初はそれに合わせて練習していたのだが、自分の中で原曲のスローテンポなイメージが強いためか、どうしてもテンポが速すぎてしっくりいかなかった(これはこれでカッコイイのだが)。
仕方ないので自分でテンポ遅めの伴奏用CDを作成。ストリングスを加えてみたり、ピアノが盛り上がる部分を作ってみたりした。
伴奏用CDが相手だと、どうしても一方的なアドリブになってしまうのは否めないが、できるだけ相互のバランスを考えて演奏するようにしてみた。
いくつかインプロヴァイズしたものから、一番イメージに近いものを選んでみた。
現時点での演奏力はこんなものです。

本HPの「ニコニコ動画」または「VIDEO」からご覧ください。



2016年10月10日 20時04分29秒 (Mon)

ジェリー・バーガンジィ

ジェリー・バーガンジィ画像 JERRY BERGONZI(ジェリー・バーガンジィ)の『SPOTLIGHT ON STANDARDS』。最近愛聴している1枚。
ジャズ・フルートの練習において、バーガンジィの著したテキストを使用しているため、どんな演奏者なのか知りたくて購入。
バーガンジィについては代表作を知らなかったため、最初に買うんだったらスタンダード曲が多く入っている作品がいいなと思い、いろいろと探していた。一応スタンダードをやってる作品は見つかったのだが、絶版で中古しかなく値が張る上に録音もやや古いので購入をためらっていた。
そこにバーガンジィがスタンダードを録音したという新譜のニュースが!
このときばかりは本当に迷ってる私のために発売されたんだと思いたくなった。
早速購入。発売日がやや先送りになったりもしたが、届いてからは本当に聞きまくり。
曲目は以下の通り。

1.WITCHCRAFT
2.BI‐SOLAR
3.BLUE CUBE
4.FIRST LADY
5.GABRIELLA
6.DANCING IN THE DARK
7.OUT OF NOWHERE
8.COME RAIN OR COME SHINE
9.STELLA BY STARLIGHT

1,6,7,8,9がスタンダード。ほかはバーガンジィのオリジナル。
どちらも素晴らしい。御年68歳でこの滑らかな演奏。分野は違うがクラシックのフルート奏者、ジェームズ・ゴールウェイの演奏にも感じられるどっしりとした安定感がある。きっと長年プロの演奏者として演奏し続けた者だけが「醸す」ことのできるものなのだろう。
B-3オルガンの音も実にイイ。うっとり。
とりわけ「OUT OF NOWHERE」は今まで知らなかったスタンダード曲(*´∀`)で、このアルバムで特に感動した曲なので熱心に練習に取り組んでいる。バーガンジィの演奏の採譜もそのうちしてみよう。

演奏者としてのキャリアを築き続け、素晴しい作品を残し、ためになる教本まで著わしてしまうバーガンジィは本当に偉大なジャズメンである。

2016年8月16日 17時56分50秒 (Tue)

ビル・エヴァンス

ビル・エヴァンス画像 ドルフィーよりも前から少しずつコレクションしているビル・エヴァンス。
初めて聞いたのは10年以上も前にレンタルしたベスト盤だった。
「ジャズピアノ=ビル・エヴァンス」というイメージを持っている人、刷り込まれている人は非常に多いだろう。
モダンジャズにおいて、マイルス・デイヴィスと共にいわゆる「スタンダード」を確立していった巨匠。

そんなエヴァンスのアルバムで最もよく聞いているのが『Sunday at the Village Vanguard』(画像)。
なぜかといえば、ジャズ・スタンダードの中で私の最も好きな「ALICE IN WONDERLAND」が収録されているから。しかも2テイク。
この曲、一応スタンダード扱いになってはいるけど、演奏しているアーティストは意外に少ない。思いつくのは『Dave Digs Disney』において初めてジャズ曲としてこの曲を取り上げたデイブ・ブルーベックとオスカー・ピーターソンくらい。
もっと取り上げられてもいいのにね。

私は今フルートで一所懸命この曲のアドリブに取り組んでいる最中。
管楽器で演奏したジャズのお手本がないため、結構苦戦している。
まぁもともとはポピュラー曲なのだし、「SOMEDAY MY PRINCE WILL COME」と同じようなノリでノッていけばいいのかなと思っている。


プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
tana
性別
男性
自己紹介
はじめまして。tana(ターナ)と申します。フルートをメロディーにした楽曲、ボーカロイドを用いた楽曲を中心に創作活動に励んでいます。
セッションメンバーを随時募集中。ピアノ、ベース、ドラム、民族楽器大歓迎。
好きなアーティスト
エリック・ドルフィー、ビル・エヴァンス、ロバート・ワイアット、プリンス、マデオン、バッハ、ベートーヴェン等。

BLOG

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数